ブログ |「Teachme Biz」

  1. HOME
  2. ブログ

TeachmeBiz

2018年11月のブログ

マニュアルの書式はどうすれば見やすくなる?読みやすいフォントの選び方

マニュアルの読みやすさは、読み手に理解しやすい内容であることが前提です。 しかし、書式やフォントが読みやすいといったデザイン面の要素も重要です。書式やフォントは文面の読みやすさに大きな影響を与えるため、適当に設定したものと、きちんと読みやすさを考慮して選んだものとでは、マニュアルの質にも大きな差が出てきます。 そこで、マニュアルの書式について、書式を使い分けるポイントや、フォントのサイズや色の選び方についてご紹介します。 マニュアルの書式が重要な理由 マニュアルの「読みやすさ」を追求するためには、書式についてきちんと考慮する必要があります。特にマニュアルの場合は、業務を行う上で読んでもらわなければならないという必要性があるため、読みやすさには徹底し... マニュアルの読みやすさは、読み手に理解しやすい内容であることが前提です。 しかし、書式やフォントが読みやすいといったデザイン面の要素も重要です。書式やフォントは文面の読みやすさに大きな影響を与えるため、適当に設定したものと、きちんと読みやすさを考慮して選んだものとでは、マニュアルの質にも大きな差が出てきます。 そこで、マニュア...

読まれるマニュアルとは?活用されやすいマニュアルの書き方のコツ

読まれるマニュアルとは?活用されやすいマニュアルの書き方のコツ マニュアルを作成する担当者は、そのマニュアルがきちんと「読まれる」ように注意しなくてはなりません。どれだけ時間と手間をかけてマニュアルを作成したとしても、実際にその業務を担当する従業員に読んでもらえないのでは、意味がなくなってしまいます。 しかし、せっかく作成したマニュアルが読まれていないことが多いのも現実です。この原因は、マニュアルの内容がわかりにくいためでもあります。 そこで、読まれるマニュアルにするためにはどうすればいいのか。マニュアルを作成する担当者が心掛けるべきポイントや、作成の際に取り入れたいテクニック、読んでもらえないマニュアルの特徴などについてご紹介します。 マニュ... 読まれるマニュアルとは?活用されやすいマニュアルの書き方のコツ マニュアルを作成する担当者は、そのマニュアルがきちんと「読まれる」ように注意しなくてはなりません。どれだけ時間と手間をかけてマニュアルを作成したとしても、実際にその業務を担当する従業員に読んでもらえないのでは、意味がなくなってしまいます。 しかし、せっかく作成した...

マニュアル作成の目的と必要性とは?上手に活用するためのポイント

職場などでマニュアルを作成する場合、その目的や必要性、マニュアル活用のメリットを確認しておくことは重要です。事前に社内における位置付けを明確にすることで、実際に役立つマニュアルになるかどうかが分かれます。 そこで、マニュアルの目的や必要性、さらに上手に活用するためのポイントなどについてご紹介します。 マニュアルを作成する目的や必要性 どこの会社や職場でも、マニュアルを作成し運用していると思います。しかし、一度マニュアルを導入すると、それが単なる守るべきルールとして定着してしまい、本来の目的から違った形で運用されてしまう可能性もあります。どういう目的や必要性からマニュアルが作られたのかが忘れられ、間違った運用をしてしまうと、業務の効率化を目指していたはずマ... 職場などでマニュアルを作成する場合、その目的や必要性、マニュアル活用のメリットを確認しておくことは重要です。事前に社内における位置付けを明確にすることで、実際に役立つマニュアルになるかどうかが分かれます。 そこで、マニュアルの目的や必要性、さらに上手に活用するためのポイントなどについてご紹介します。 マニュアルを作成する目...

マニュアルは整備し続けなければ意味がない!?更新・運用のポイントと注意点

業務フローなどのマニュアルは、どこの企業でも作成しているでしょう。マニュアルがあれば、誰でもスムーズに業務を進めることができます。しかし、ただマニュアルを作成したとしても、業務フローが改善された場合にきちんと修正するなどして整備し続けなければ、結局は活用されなくなり、マニュアルは形骸化してしまいます。 そこで、マニュアルを整備するメリットや整備しない場合のリスク、上手にマニュアルを整理・管理するためのポイントなどをご紹介します。 マニュアル整備のメリット まずは、マニュアルを整備することで、どのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。 マニュアルを整備しておくことで、新人の研修に用いて教育したり、業務の無駄を省いたりすることに役立... 業務フローなどのマニュアルは、どこの企業でも作成しているでしょう。マニュアルがあれば、誰でもスムーズに業務を進めることができます。しかし、ただマニュアルを作成したとしても、業務フローが改善された場合にきちんと修正するなどして整備し続けなければ、結局は活用されなくなり、マニュアルは形骸化してしまいます。 そこで、マニュ...

【マニュアル作成から運用まで】マニュアルで挫折しないコツとは?

マニュアルを作るためには予想以上に様々なことを考える必要があり、挫折してしまった方も多いのではないでしょうか? そんな中でも 「どれくらい詳しく書けばいいのか?」 「そもそもどんな業務をマニュアルにすればいいのか?」 といった悩みを持つ方は多いと思います。 こうした悩みの原因は正しいマニュアルの作成方法を知らないことにあります。正しい手順を知り、作成時のポイントをおさえていればマニュアルを作成し、実際に運用することはそこまで難しいことではありません。 そこで今回はマニュアル作成のポイント、手順から運用のコツまで解説していきます。 この記事を読めば、マニュアル作成がずっと楽になるはずです! マニュアル作成 の目的 ... マニュアルを作るためには予想以上に様々なことを考える必要があり、挫折してしまった方も多いのではないでしょうか? そんな中でも 「どれくらい詳しく書けばいいのか?」 「そもそもどんな業務をマニュアルにすればいいのか?」 といった悩みを持つ方は多いと思います。 こうした悩みの原因は正しいマニュアルの作...

身近なムダは仕組み化で解決!?定義・メリット・方法をポイント解説!

もしあなたが「今やっている仕事全部ムダです。」と言われたらどうでしょう。 いい気はしませんよね。それは誰しもムダなことをやろうとしているわけではないからです。ではそのムダな状態が生まれないためにできることは何なのか。有効な解決方法を紹介しながら考えていきましょう。 ムダの正体 一口に「ムダ」と表現しても、それが具体的にどんな状況か考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。 ここで業務に関する3つの観点、Why(なぜやるのか)、What(何をやるのか)、How(どうやるのか)で整理してみます。 この3つはそれぞれ ・Why(なぜやるのか):目的・ねらい ・What(何をやるのか):施策の設定 ・How(どうやるのか):具... もしあなたが「今やっている仕事全部ムダです。」と言われたらどうでしょう。 いい気はしませんよね。それは誰しもムダなことをやろうとしているわけではないからです。ではそのムダな状態が生まれないためにできることは何なのか。有効な解決方法を紹介しながら考えていきましょう。 ムダの正体 一口に「ムダ」と表現しても、それが具体的...