マニュアルシステムで
製造業における
暗黙知を継承。

マニュアルをもっと活用し、熟練技術者のカン・コツを
継承する仕組みをご紹介します。

たくさんの企業様に
ご活用いただいております

  • アイテック株式会社
  • Mipox株式会社
  • 株式会社前川製作所
  • 株式会社ヤマコー

解決できること

マニュアルシステムを使うことで、
熟練技術者の暗黙知をわかりやすく伝承し、
ナレッジ化することができます。

  • 技術伝承
  • 稼働率の向上
  • 品質担保・向上
  • ロス削減
  • 事故予防
  • ISO取得に向けたマニュアル整備

製造業の生産性が
あがる理由

  • 理由01技術伝承

    「習うより慣れろ」はもう古い。
    若手人材にもカン・コツを継承

    画像・動画のわかりやすいマニュアルで
    ベテランの暗黙知を伝承

    製造業では、ベテランの長年の経験による知識や技術を若手へ受け継いでいく術や時間に悩む企業も多いのが実態。画像・動画のわかりやすいマニュアルがあれば、ベテランの技術がノウハウとして社内に蓄積されて、若手人材が育ちやすい仕組みがつくれます。Teachme Bizならマニュアルの作成もサクサクできるので、今まで業務をまとめる時間がなかったという現場にもおすすめです。

  • 理由02機械稼働率の向上

    「この人しかできない」をなくし
    トラブル時もスムーズ

    マニュアルで標準化し、機械が止まる時間を最小限に

    機械トラブルでストップしてしまった際、機械を動かせる従業員が少ないと、すぐに復旧できず機械稼働率が下がってしまう原因になってしまいます。わかりやすいマニュアルで誰でも機械を動かせる多能工化を実現できれば、機械が停止する時間を最小限におさえ、稼働率の向上につながります。

  • 理由03品質の担保・向上

    ヒューマンエラーやロスは
    仕組み作りで削減できる

    業務品質を均一化。納期遅れも削減

    「うっかり手順を間違えた」「久しぶりで忘れてしまった」このようなヒューマンエラーによって起きるロスは、マニュアルで業務の手順を統一し品質を均一化できれば最小限に抑えられます。納期遅れやクレームも減少し、良い生産サイクルがうまれます。

  • 理由04事故予防

    ヒヤリハットを共有
    重大な事故を未然に防ぐ

    連絡事項やヒヤリハット事例の共有がスムーズに

    事故を予防するには、社内で起きたヒヤリハットの事例を共有することが大切です。しかし口頭伝達や紙を掲示するだけでは現場にきちんと伝わりきらないということも…。
    Teachme Bizなら事例をマニュアルとしてまとめてワンクリックで社員に一斉配信。誰が見たか確認できる機能も搭載しているので、社員への周知もスムーズです。

  • 理由05ISO取得

    ISO取得のための手順書作成や
    維持管理もこれ1つで

    スマホやタブレットでサクサク。
    作成・管理の工数を削減

    ISOの基準を満たすためには、膨大な量の手順書の作成やその維持管理が欠かせません。Teachme Bizなら手順書の作成時間が従来の1/5に!* また、手順書の改定時に必要となる上司や部署間での承認業務もTeachme Biz内の機能でできてスムーズです。
    *導入実績より

マニュアル作成・共有システム
Teachme Bizについてはこちら

まずは、お気軽にご相談ください。

導入事例

様々な規模・業態の製造企業に導入いただいています。

資料ダウンロード

製造業の課題解決ストーリーをご紹介

Teachme Bizを導入頂いた製造業の企業様にインタビュー。抱えていた課題から、実際に現場でどのようにマニュアルを使い、生産性の向上に繋げたのか4社の事例をご紹介しています。
おなじ製造業の企業がどのようなプロセスで生産性課題を解決しているか、参考にしていただける資料です。

資料をダウンロードする

まずはお気軽にご相談ください

Teachme Bizは人材育成や属人化解消、
問合せ削減など様々な課題を解決しています。
マニュアルでどのように生産性を向上してきたのか、
そのプロセスが貴社の課題解決のヒントになるかもしれません。
具体的な検討をはじめる前でも、
まずはお気軽にご相談ください。