ブログ |「Teachme Biz」

  1. HOME
  2. ブログ

TeachmeBiz

2019年7月のブログ

生産性向上

生産性向上とはどういう意味?実際に行える生産性向上の事例も紹介

企業の成長のために、生産性向上が必要不可欠であるということは誰もが感じていることではないでしょうか。一方で、生産性向上を単なるコスト削減と捉え、正しく意味を理解していない人も少なくありません。 そこでこの記事では、生産性向上という言葉が持つ意味や目的を解説し、しっかりと定義した上で、具体的に企業が行える対策などを紹介します。 目的を理解すれば何から手を付けていいかわからないということがなくなります。 ぜひ、真の生産性向上のためにお役立てください。 「生産性向上」という言葉が持つ意味 生産性向上と業務効率化という言葉は、似て非なるもの。しかし、実際に業務が行われる現場では、ふたつの言葉が混同されがちです。どちらも企業にとって必要な... 企業の成長のために、生産性向上が必要不可欠であるということは誰もが感じていることではないでしょうか。一方で、生産性向上を単なるコスト削減と捉え、正しく意味を理解していない人も少なくありません。 そこでこの記事では、生産性向上という言葉が持つ意味や目的を解説し、しっかりと定義した上で、具体的に企業が行える対策などを紹介します。...

生産性向上

製造業の生産性向上とは?具体的な方法を紹介します

少子高齢化による働き手不足や、製造拠点の海外移転、はたまた海外メーカーの日本への進出など、製造業をめぐる社会情勢はめまぐるしく変化しています。製造業にとって「生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目と言っても過言ではありません。 利益を増大して会社存続を確実なものとするため、生産性の向上を図ってみてはいるものの、具体的な方法が分からないという方もいるのではないでしょうか。 今回は、製造業における生産性の向上とはなにか、生産性向上の具体的な方法もご紹介していきます。生産性向上に大いに役立つツールもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。 製造業における生産性向上とは? 生産性向上はどの企業でも実行することができま... 少子高齢化による働き手不足や、製造拠点の海外移転、はたまた海外メーカーの日本への進出など、製造業をめぐる社会情勢はめまぐるしく変化しています。製造業にとって「生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目と言っても過言ではありません。 利益を増大して会社存続を確実なものとするため、生産性の向上を図ってみてはいるものの、具...

Salesforce導入

ゴールを解像度高く共有し、プロセスの障壁を取り除く。管理者はメンバーの“利益”を第一に──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol.5 株式会社ブレインパッド様

<導入フェーズごとの課題とアクション> 「使い方がわからない以前に、使う必要性を感じない」──新たなシステムを導入し、移行しようとする際には常にそんな反発が付きまといます。 ビッグデータを活用して企業の経営課題を解決する株式会社ブレインパッドは、2008 年の時点で全社に Salesforce を導入しました。しかし、営業の現場ではなかなか商談管理ツールとして活用されず、使い慣れた Excel を併用した現状把握に留まっていたそうです。 2016 年末に管理部門から営業推進の現場に配属された上村 篤嗣さんは、Salesforce の知識と活用経験を期待され、SFA としての定着を推進することになりました。徹底した “相手目線” で定着... <導入フェーズごとの課題とアクション> 「使い方がわからない以前に、使う必要性を感じない」──新たなシステムを導入し、移行しようとする際には常にそんな反発が付きまといます。 ビッグデータを活用して企業の経営課題を解決する株式会社ブレインパッドは、2008 年の時点で全社に Salesforce を導入しまし...

マニュアル作成のコツ|作成方法や手順をまとめました

多くの業種や職種で用意されている業務マニュアル。しかしいざ作ってみると、使う人にどうもうまく理解してもらえなかったり、実践してみると記述通りにはいかなかったり……。そんな経験のある方も少なくはないでしょう。 マニュアルは、単に業務の手順や流れを記載しただけのものでは意味がありません。その仕事の理念や意義など本質的な部分から記述することで応用も効き、それが分かりやすさにもつながります。この記事では、マニュアル作成の上でのポイントをご紹介していきます。 マニュアル作成の際の基本的なコツ 流れや手順「だけ」になってはいけないと冒頭で触れましたが、マニュアルを作成する上では、まずは今現在の業務のワークフローや流れを洗い出しましょう。現状を... 多くの業種や職種で用意されている業務マニュアル。しかしいざ作ってみると、使う人にどうもうまく理解してもらえなかったり、実践してみると記述通りにはいかなかったり……。そんな経験のある方も少なくはないでしょう。 マニュアルは、単に業務の手順や流れを記載しただけのものでは意味がありません。その仕事の理念や意義など本質的な部分か...

Salesforce導入

ツールを用意しただけでは使われなかった。まずは組織のデザインが必要だった──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol 4. ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社様

数値目標を追うセールス職だからこそ、「自分が効率良く受注できるように」仕事を進めてしまう。しかし、個人個人のやり方で情報を管理していて活動状況が共有されない、顧客マスタや案件/受注/請求といった取引情報をExcel台帳で管理しており台帳間の転記で単純なミスが頻発してしまう── 幅広い領域でのコンサルティング業を手がけるケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社では、そんな悩みを抱えていました。 コンサルタントを経て管理部門に異動していた池田さんは、2014 年から二度にわたる Salesforce 導入〜定着プロジェクトのメイン PM(プロジェクトマネージャ) を担当されました。現在は約 120 名の従業員が Salesforce を活用... 数値目標を追うセールス職だからこそ、「自分が効率良く受注できるように」仕事を進めてしまう。しかし、個人個人のやり方で情報を管理していて活動状況が共有されない、顧客マスタや案件/受注/請求といった取引情報をExcel台帳で管理しており台帳間の転記で単純なミスが頻発してしまう── 幅広い領域でのコンサルティング業を手がけ...

500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ

2019年7月3日(水) 、Salesforceの定着化を促進するサービス Teachme Biz for SFAリリースを記念し、Salesforceプラチナパートナー サンブリッジ様との共同セミナー「500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ」を開催いたしました。 Salesforceの経営効果から、定着のコツまでカバーする貴重な内容になりましたので、イベントレポートを公開させていただきます。 サンブリッジ様は、株式会社セールスフォース・ドットコムの日本法人立ち上げを支援し、現在は最上位のプラチナコンサルティングパートナーとして、大企業から中小企業まで様々な企業のSalesforce導入を支援されています。 ... 2019年7月3日(水) 、Salesforceの定着化を促進するサービス Teachme Biz for SFAリリースを記念し、Salesforceプラチナパートナー サンブリッジ様との共同セミナー「500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ」を開催いたしました。 Salesfor...

マニュアルと手順書に違いはある?分かりやすいマニュアル・手順書を作成するポイントも紹介!

業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、手順書とマニュアルを区別して作成する必要があります。 その内容が似ているため、マニュアルと手順書の違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、マニュアルと手順書の違いを解説していきます。マニュアルや手順書の作成が必要な理由から、それぞれの作成のポイントに至るまで解説していますので、参考にしてください。 マニュアルと手順書の違い 効果的なマニュアルを作成するためには、まず手順書と... 業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、手順書とマニュアルを区別して作成する必要があります。 その内容が似ているため、マニュアル...

Salesforce導入

「なぜ私が担当に?」状態から導入してわかった、注意すべき 3 つのポイント──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol 3. アクシスコンサルティング株式会社様

企業が成長していく中では、顧客情報や面談情報を管理して効率的に業務を進めるための IT システムが必要になってきます。 総合人材サービス業を展開するアクシスコンサルティング株式会社は、将来的なビジョンの実現のために Salesforce が必要だと判断し、「社内に誰も詳しい人がいなかった」という状態ながら導入を決定。導入・社内定着 を担当した南 薫さんは、社外コミュニティでの学習や社内でのさまざまな取り組みによって従来のシステムからの移行を推進しました。 今回は IT 業ではなく社内にエンジニアがいない企業の導入~定着プロセスを辿りながら、Salesforce 未経験の担当者が苦労するであろう点と、これから導入を進める企業が注意しておくべきポイ... 企業が成長していく中では、顧客情報や面談情報を管理して効率的に業務を進めるための IT システムが必要になってきます。 総合人材サービス業を展開するアクシスコンサルティング株式会社は、将来的なビジョンの実現のために Salesforce が必要だと判断し、「社内に誰も詳しい人がいなかった」という状態ながら導入を決定。...