生産性向上

製造業の生産性向上とは?具体的な方法を紹介します

少子高齢化による働き手不足や、製造拠点の海外移転、はたまた海外メーカーの日本への進出など、製造業をめぐる社会情勢はめまぐるしく変化しています。製造業にとって「生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目と言っても過言ではありません。

利益を増大して会社存続を確実なものとするため、生産性の向上を図ってみてはいるものの、具体的な方法が分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、製造業における生産性の向上とはなにか、生産性向上の具体的な方法もご紹介していきます。生産性向上に大いに役立つツールもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

製造業における生産性向上とは?

生産性向上はどの企業でも実行することができますが、何をもって「生産性が向上した」と言えるかは、業種や職務によって変わります。製造業においての生産性向上とは「製品の生産量」と言えます。一般的に生産性とは、下記の計算式で表すことが可能です。

「生産性=成果÷生産資源」

製造業の場合、成果の部分は、従業員がどれだけ製造できたかを示す「製品の生産量」となります。そして、生産資源は、製品を製造するために必要な原材料や授業員の人件費などを指します。しかし、生産性向上という観点からすると、生産資源は「従業員の数」や「製造に掛かった時間」などの人的な資源のみと考えるのが良いでしょう。

つまり、製造業の場合であると、費やす人的資源に対して、製品の生産量の比率を上げることが生産性向上となります。

製造業の会社が生産性向上による効果事例

ほかの業種でも、しっかりと対策を行えば生産性が向上するように、もちろん製造業においても生産性の向上は大いに見込めます。

さらに、生産性向上を行うことによって、利益が増大するだけでなく、製造業ならではのメリットを得られるでしょう。生産性を上げることによるメリットは非常に有用なものなので、対策を行う価値は十分にあります。

品質を担保することができるようになる

生産性を上げることによって、製造した製品の品質を担保することができるようになります。

生産性向上の方法として、ノウハウや高い技術の共有があります。業務に携わる従業員がそれぞれ独自の方法で作業を行うと、作業スピードの早さや技術力にバラつきが生じかねません。

そのため、作業の効率性の悪さだけでなく、製造した製品の品質面においてもバラつきが生じてしまう恐れがあります。

このことを防ぐには、高い技術を持った従業員の作業方法やノウハウなどを参考にマニュアルを作成し、全従業員で共有するのが有用です。

その際には、ツールを使って画像や動画などを利用して視覚に訴えかけると良いでしょう。全従業員が技術の高いマニュアルに沿って業務を行うことによって、作業スピードが上がるのと同時に、製造した製品の品質面も向上する結果となります。

作業化できる仕事が多い

製造業の場合、作業化できる仕事が多いため、生産性の向上をより一層図ることが可能です。

製造業では、いくつもの作業工程を経て製品が完成します。作業工程は細分化されていることもあり、作業内容はそれぞれで大きく異なる場合もあります。作業工程が多くて作業内容も異なるため、製造業に携わる従業員はかなりの作業数をこなしていることになります。

詳しくは後述しますが、数多くある作業工程のうち、どこの部分が非効率であるかを把握することで、その非効率な部分を改善することができます。作業工程が複雑で作業数も多いとなると、無駄が生じている工程が少なくない可能性があります。

作業化している中で非効率になっているものを全て改善できた場合、製造業ではかなりの生産性向上を見込むことができるでしょう。

コストを削減することができる

製造業の場合、生産性向上を図ることによって、大幅なコストの削減をすることができます。

特に、従業員の労働時間と製品の製造量には密接な関係があります。従業員の労働時間が多ければ、それだけ製品の生産量を上げる可能性を秘めています。しかし、生産量を増加させようと思って従業員の労働時間を増やしても、残業代などの人件費によってコストが増大し、生産性を上げることはできません。

生産性を上げるためには、先に解説を行ったように、技術力や作業スピードが早い従業員のノウハウをマニュアル化して共有しましょう。質の高い作業を均一に行うことで、従業員の作業スピードが全体的に早くなります。その結果、全体の作業スピードが上がったことで残業代も減り、コストを大幅に削減することができます。

製造業の会社で生産性向上を進める具体的なステップ

製造業において生産性の向上を行うためには、さまざまなステップを踏んで着実に進んでいく必要があります。計画を立てずに、ただ闇雲に改善を行おうとしてもうまくいくことはありません。最初にしっかりとした目的を持ち、その目的を達成するために可能な効率化を行っていくことが重要です。綿密な計画の上で実行に移していきましょう。

生産性を向上させる目的を明確にする

製造業において、「生産性を向上させる」ということは、企業の存続をかける意味でも非常に重要な事柄です。しかし、実際にどの部分の効率化を図って生産性を向上させるのか、目的を明確にして行動に移さないと、生産性を効率良く上げることはできません。

製造業において生産性を上げるために必要なことに、製品を製造するのに必要な従業員の数や費やした時間などがあります。例えば、生産性を向上させる目的として「人件費を抑える」ということであれば、その明確な目的に向かって効率化を図ることが可能になります。

明確な目的があれば、どういった対策を行えば良いのかがはっきりとし、会社としても行動に移しやすくなるというメリットがあります。

業務の見える化でボトルネックを見つける

業務の見える化によって、どの部分にボトルネックが存在するのかを把握し、対処を行うことで生産性が上がります。

製造業の現場においては、作業ミスや手順の不明確さなど業務が滞るボトルネックの部分があります。一連の業務プロセスの見える化を行うと、誰がどの場面でボトルネックになっているのかが判明します。

また生産性向上の妨げになっている従業員に対してヒアリングを行うことで、どうやったらミスが減って効率的に作業を行えるかが分かり、対応策を講じられるでしょう。その結果、効率性も上がります。

生産性向上の方向性を決定する

生産性向上のための方向性を決定することで、より効率的に生産性の向上を進めることが可能になります。

方向性を決定するには、まずは問題点を洗い出すことが必要です。そのためには、前項で解説した「業務プロセスの見える化」が非常に有効です。

業務プロセスの見える化によって、「配置換えをした従業員の作業スピードが遅い」という問題点が見つかったとします。

ヒアリングをした結果、「現在受け持っている担当部署が、自分の不得意分野である」ということが明らかになった場合は、その問題を解決するために「社員の意見を尊重していく」ことによる生産性の向上に、舵を取ることができます。

この場合、会社の都合で無理に配置替えを行うのではなく、適材適所で各従業員の適性に合った配置を考えることが必要です。

目標数値の設定を行う

生産性向上の方向性を決定したら、次に具体的な目標数値を設定しなければなりません。この際に気を付けることは、「実現可能な数値を設定すること」です。目標数値は、あくまでも無駄をなくして効率化を図った結果の数値です。ただ大幅な生産量増を期待して設定してしまうと、従業員を酷使するだけの結果となってしまいます。

例えば、「明確で決まった作業方法が確立されておらず、従業員によって作業スピードに差がある」という問題があった場合、マニュアルを作成して全社で共有することで、従業員の作業スピードの均等化やスピードアップにつなげることが可能です。

そして、このマニュアル作成という方法で効率化を目指すことを従業員に説明、理解をしてもらってから、数値設定を行うことが重要です。説明もなしに、突然目標数値だけが設定された場合、従業員の士気が下がり、それに連動して生産性も下がってしまう恐れもあります。

生産性が向上するツールを利用する

生産性が向上するツールを使うことでも、生産性を上げることが可能です。例えば、問題点が従業員の作業スピードが遅いというものであり、ヒアリングを行った結果「マニュアルが文字ばかりで分かりにくく、完全に覚えるまではスピードが上がらない」ということが明らかになったとします。

この問題を放置しておくと、次に該当の作業を受け持った従業員についても、作業スピードが上がるまでに時間がかかるという同じ現象がおきてしまいます。この例の場合、「分かりやすいマニュアルを作成する」という対策を講じることができます。

生産性向上ツールを使用することによって、画像をふんだんに使用して視覚化を行い、パッと見てもすぐ分かるようなマニュアルを作成することで、作業スピードが上がり生産性の向上につながります。

マニュアル・手順書作成に便利な「Teachme Biz」とは?

「Teachme Biz」は画像・動画・テキストを駆使することで、より分かりやすく、より業務効率化を図ることを可能にしたビジュアルSOPプラットフォームです。

先述の通りSOP(Standard Operating Procedures)とは、具体的な作業や手順を作業ごとに順序立てて説明したものです。ビジュアルSOPプラットフォームを用いることで、テキストだけでなく画像や動画を効果的に使った「誰でも簡単に内容を理解できる手順書」を作成することができます。

また、クラウドでデータが同期されているため、改訂時もすぐに内容を更新でき、即座に現場へ伝えることができます。

「Teachme Biz」を運営するスタディストは、「伝えることを、もっと簡単に」をモットーに掲げています。そのため「Teachme Biz」も、手順の共有・管理をシンプルにすることで誰でも簡単に使うことができるツールになっています。

手順書作成ではシンプルであること、わかりやすいことが非常に重要です。

手順書作成にお悩みの方、業務効率化を図りたい方はぜひ一度「Teachme Biz」にご連絡ください。

無料体験デモを行うことができるので、Teachme Bizがあるとどのように業務を効率化することができるのかを実体験していただくこともできます。

最新資料ダウンロード