デジタル化

デジタルトランスフォーメーションのメリットや成功事例を徹底解説!

近年、テクノロジーや消費者のニーズ・行動が急速に変化したことから、事業方針の転換の必要性を感じている企業は多いのではないでしょうか。変化の激しい時代に適用し、うまく集客数や売上を伸ばすために、さまざまなツールを用いて事業に革新を起こすことが求められています。

そのような変化を起こせる企業になる方法として、「デジタルトランスフォーメーション」という概念が注目されています。今回は、デジタルトランスフォーメーション概要やメリット、他社の成功事例や阻害要因を詳しく説明します。

そもそもデジタルトランスフォーメーションとは?

まずデジタルトランスフォーメーションとは何か、概念からみていきましょう。

以下では、広義のデジタルトランスフォーメーションと狭義のデジタルトランスフォーメーションに分けて、その意味を説明します。

広義のデジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションは、「デジタル技術の浸透によって、人々の生活のあらゆる面で起こる良い変化や影響」を意味します。この概念は、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマン氏によって提唱されました。

広義のデジタルトランスフォーメーションは、社会全体の変化を捉えている広い概念です。しかし、ニュースや会議など使用する場面や人によっては、捉える意味や範囲が異なるケースがあるので状況に応じて適切な使い方をするとともに、認識を統一させる必要があります。

狭義のデジタルトランスフォーメーション

一方、狭義のデジタルトランスフォーメーションは、ビジネスシーンにおいて、「デジタル技術を活用して事業方針や業務に革新を起こす取り組み」として用いられることが多いです。

経済産業省がデジタルトランスフォーメーションを「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義していることから、一般的にデジタルトランスフォーメーションというと、こちらの意味を指すケースが多いです。

参考:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」

デジタルトランスフォーメーションが求められる理由とは?

では、なぜ多くの企業でデジタルトランスフォーメーションが求められているのでしょうか。そこには新たなIT技術の発達や消費者ニーズの変化といった背景があります。

多様なビジネスが出現したから

市場にはさまざまなビジネスが展開されていますが、新規参入する企業が次々と新たな商品やサービスを展開するため、従来の事業方針ではそれらの変化に対応するのが難しくなっています。

企業にどのような課題があり、どう改善すればより市場で有利に事業展開できるかを考えるには、デジタルトランスフォーメーションによって経営方針を大きく転換することが求められます。

既存システムが古くなっているから

従来からITツールを活用して効率的な事業運営をする企業はありました。しかし、次々と新たなデジタル技術が生み出される近年は、従来のツールだけで事業に革新を起こすのは難しくなりつつあります。

また、企業によっては導入しているツールが部門単位で独立しているため、各部署で連携したり企業全体でデータを統合したりできない場合もあるでしょう。どれだけ性能の高いツールを導入しても、それらが連携できなければ得られる効果は限定的になるため、デジタルトランスフォーメーションによって新システムへ移行する重要性は高いといえます。

消費者のニーズが変化したから

消費者のニーズが変化したことも、デジタルトランスフォーメーションが求められる理由です。

以前は商品を購入して所有する消費活動が一般的でしたが、最近の消費者は質の高い体験によって得られる満足感や生活の質の向上を重視する傾向があります。このような変化に対応するには、デジタル技術をうまく活用した新たなビジネス戦略の立案が重要になるでしょう。

リモートワークの推進が求められるようになったから

近年、社会情勢の変化によってオフィスを離れて仕事を進める「リモートワーク」の推進が求められています。リモートワークをうまく取り入れて事業成果を出すには、デジタル技術を有効活用してプロジェクトを進めることが大切です。

仕事の進め方を見直すことは、コスト削減や業務効率化といったメリットがあるものの、業種によってはすぐにリモートワーク化できない場合があります。リモートワークを導入する場合は「どの部分から取り組むか」を明確にして、計画的に移行しましょう。

柔軟に事業方針を切り替えるには、「チェンジマネジメント」を意識して取り組むことが大切です。

関連記事:チェンジマネジメントはどんな概念?成功に導くステップを知ろう

デジタルトランスフォーメーションによって生じるメリット

デジタルトランスフォーメーションに取り組むことで、次のようなメリットを得られます。

企業にイノベーションが起こる可能性が高まる

デジタルトランスフォーメーションに取り組むと、デジタル技術を活用して競合にはない企業の価値を生み出せる可能性が高まります。

他部門との柔軟な連携や顧客管理のクラウド化、AIを活用したビッグデータの分析といった取り組みをすれば、これまでなかったビジネスモデルの発案につながるかもしれません。

生産性が向上する

デジタルトランスフォーメーションでは、顧客に新たな価値を提供できるようになるだけでなく、生産性を向上させるというメリットも生じます。

営業業務の自動化やマーケティング業務の自動化など、うまくツールを活用すれば、以前はマンパワーに頼っておこなっていた業務を効率化できます。限られた人材を効率的に活用できるようになるため、より高い成果につながる可能性が高まります。

事業の継続性が高まる

デジタルトランスフォーメーションに取り組めば、時代や社会情勢の変化にも対応しやすくなります。

たとえば、「実店舗での販売に力を入れていたが、オンライン販売にも力を入れる」といった施策が挙げられます。将来を見据えてデジタル化に取り組めば、長期的に売上を出し続けられるでしょう。

関連記事:デジタル化を進めるメリットデメリットとは?推進に必要な要素も紹介

デジタルトランスフォーメーションの成功事例を紹介

デジタルトランスフォーメーションの取り組みに成功した企業の事例を見てみましょう。

総合化学メーカー

ある総合化学メーカーでは、デジタル技術開発室を設置し、ほかの企業から最高デジタル責任者を招き入れることで積極的にデジタルトランスフォーメーションを推進させています。

そこでは、AIを導入して化学プラントの設備保全をおこなうなど、マンパワーでは膨大な手間がかかる業務を効率化させる取り組みを企画・実践しており、社内業務や業界に革新を起こすことに成功しています。

国内自動車メーカー

国内自動車メーカーでは、自動運転技術の開発やICTを活用した運転支援ツールの開発に力を入れることでデジタルトランスフォーメーションを推進しています。

また、自動車のシェアリングサービスやガソリンに頼らない自動車の開発など、これまでになかったサービスや製品の開発にも力を入れています。

タクシー配車アプリ

以前は、タクシーを呼ぶために手を挙げてアピールしたり電話で配車したりする必要がありました。

しかし、タクシー配車アプリの登場によって、スマートフォンアプリからタクシーを呼べるようになりました。顧客とタクシー会社双方の負担を軽減することで、効率的なタクシー配車を実現することに成功しています。

民間宿泊施設紹介サービス

近年登場した民間宿泊施設は、魅力的なサービスでありながらも大手旅行会社の宣伝に埋もれてしまい、顧客にうまくアピールできていませんでした。

しかし、民間宿泊施設紹介サービスの登場によって、費用を抑えて宿泊したい人や民泊を利用したい人のニーズをマッチングさせることに成功しています。これによって、宿泊市場に大きな革新をもたらしました。

フリーマーケットアプリ

以前は、個人の不用品は地域のフリーマーケットや掲示板などで売買されるのが一般的でした。

しかし、フリーマーケットアプリの登場によって、インターネット上で不用品を売買できる環境が整いました。これまで「不用品を販売しよう」と考えていなかった人のニーズを開拓することにも成功しており、今では多くのユーザーに利用されるサービスへと成長しています。

デジタルトランスフォーメーションの阻害要因とは?

ビジネスに革新をもたらすデジタルトランスフォーメーションですが、いくつか阻害要因があるといわれています。

効果が出るまでに時間がかかる

デジタルトランスフォーメーションは、企業の運営方針を根底から変える場合があるため、取り組みを始めてから効果を感じるまでには時間がかかります。そのため、デジタルトランスフォーメーションに取り組む際は、長期的な視野で計画を立案し、粘り強く取り組みを続ける必要があります。

また、デジタルトランスフォーメーションを実現するには、デジタル分野において高度な知識や技術を持った人材を育成しなければなりません。人材育成に関しても、長期的な視野で計画を立てて取り組む必要があります。

関連記事:DX実現に向けた人材育成方法とは?押さえておくべきポイントも紹介

多額のコストがかかる場合がある

デジタルトランスフォーメーションを実現するには、さまざまなデジタル技術を取り入れる必要があります。

ツールによっては多くの導入費用が発生します。効果を感じるまでに時間がかかることを考えると、長期的な資金計画を立てることが大切です。

既存システムからの移行が難しい

既存システムを導入している企業の場合、システムに含まれるデータを統合して新システムに移行させなければならないので、多くの手間がかかる場合があります。

企業によっては業務プロセスが大幅に変更になるため、デジタルトランスフォーメーション推進の担当者だけでなく、すべての従業員の協力が必要になるかもしれません。

変化の激しい時代にデジタル人材をうまく育成するには、「人材育成の教科書」を参考にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここでは、デジタルトランスフォーメーションの概要やメリット、他社の成功事例や知っておくべき阻害要因について説明しました。

デジタルトランスフォーメーションを実現すると、企業にイノベーションを起こすだけでなく、商品やサービスを利用する顧客個人や社会全体に大きな変化を及ぼします。しかし、このような変化はすぐに起こせるものではありません。時代や市場ニーズの変化を注視しつつ長期的な視野で計画を進めることも大切です。

ここで説明した内容を参考にして、企業に革新を起こす取り組みを考えましょう。