ビジネス用語解説

SDGsとは?17の目標と企業の取り組み事例

昨今ビジネスの世界や、テレビや新聞などのニュースで「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を耳にする機会が多いのではないでしょうか。SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、日本語で「持続可能な開発目標」という意味を持っています。日本でも様々な企業が目標を掲げているSDGsですが、実際にどのような取り組みを行っているのでしょうか。当ページではSDGsの17の目標と各社の事例についてご紹介します。

SDGsとは?

「SDGs(エスディージーズ)」は、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の頭文字を1字ずつとったもので、2015年9月に開催された国連サミットにおいて全会一致で採択されました。貧困や飢餓、気候変動、格差是正など国際社会の共通課題を解決し、持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標がSDGsです。目指す未来として、「誰一人取り残さない」を基本理念とし、2030年までの達成が計画されています。
SDGsは先進国、途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの調和を目指し、17のゴールとその課題ごとに設定された169のターゲットから構成されます。よりカンタンに言えば、SDGsは「地球規模で達成すべき目標」という認識でも良いでしょう。

SDGsは、1990年代の主要な国際会議で採択された国際開発目標と、2000年に国連で採択された「国連ミレニアム宣言」を統合した「ミレニアム開発目標(MDGs)」が前身となっています。MDGsは2015年に達成期限を迎えたものの、MDGsの残った課題を継承する形として、SDGsが設定されました。

SDGsの目標とは

~SDGs 17の目標~

  1. 1.貧困をなくそう
  2. 2.飢餓をゼロに
  3. 3.すべての人に健康と福祉を
  4. 4.質の高い教育をみんなに
  5. 5.ジェンダー平等を実現しよう
  6. 6.安全な水とトイレを世界中に
  7. 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 8.働きがいも経済成長も
  9. 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 10.人や国の不平等をなくそう
  11. 11.住み続けられるまちづくりを
  12. 12.つくる責任つかう責任
  13. 13.気候変動に具体的な対策を
  14. 14.海の豊かさを守ろう
  15. 15.陸の豊かさも守ろう
  16. 16.平和と公正をすべての人に
  17. 17.パートナーシップで目標を達成しよう

SDGsで設定された17の目標は上記の通りです。各目標に合わせて169のターゲットが具体的な行動指針として用意されています。

国際社会に参加する日本においても、先に挙げた17の目標達成を目指す必要があります。例えば、「貧困をなくそう」を例に見てみると、日本の子供6~7人に1人は貧困であるとされています。「3.すべての人に健康と福祉を」についても、まだまだ実現に向けてできることがあると言えるでしょう。

2.飢餓をゼロに」や「6.安全な水とトイレを世界中に」は、発展途上国に向けた支援ととらえることができます。「5.ジェンダー平等を実現しよう」についていうと、日本は世界経済フォーラムが発表している男女平等度ランキングで順位が低く、まだ男女平等と言い切れないのではないでしょうか。女性のエンパワーメント(潜在能力を発揮させること)などにも取り組む必要があります。
参考:「Global Gender Gap Report 2021

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「8.働きがいも経済成長も」、「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」、「10.人や国の不平等をなくそう」、「11.住み続けられるまちづくりを」、「12.つくる責任つかう責任」これらは、様々な企業で掲げられそうな目標であり、日本が先進国として果たさなければならない内容であることがわかります。

13.気候変動に具体的な対策を」、「14.海の豊かさを守ろう」、「15.陸の豊かさも守ろう」、「16.平和と公正をすべての人に」などは、地球環境を保全し資源の有効活用を図りつつ、人類社会が持続性を持って続くために必要な目標です

17.パートナーシップで目標を達成しよう」は、持続可能な開発に向けて実施手段を強化しパートナーシップを活性化させることでこれらの目標を達成しようというものです。国ごとに社会情勢は異なりますが、日本を初めとした国連加盟国では、これらの目標達成に向けて取り組みを実施する必要があります。

SDGsのターゲットとは

先に挙げた「SDGs 17の目標」には、それぞれに細かくターゲット(目標)が設定されており、これらを全部合わせると169のターゲットがあります。加えて、232の指標が設定されています。

「4.質の高い教育をみんなに」を例にご紹介すると、ターゲットは10個あります。その中の一つをご紹介しましょう。

4.質の高い教育をみんなに
ターゲット 4.1 2030年までに、すべての子供が男女の区別なく、
適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で
質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
指標 4.1.1(i)読解力、(ii)算数について、最低限の習熟度に達している
次の子供や若者の割合(性別ごと)
(a)2~3学年時
(b)小学校修了時
(c)中学校修了時

参照:JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

目標「4.質の高い教育をみんなに」は、2030年までに世界中のすべての子供が、平等に質の高い教育を受けられるようにすることなどを掲げています。目標達成に向けて、ターゲットと指標を設定し、モニタリングや評価を行っていくことを目的としています。

ちなみに、SDGsの17の目標にはそれぞれにアイコンとカラーが決められています。この17のアイコンは文字を使わない情報伝達を目的とした単純化された絵文字「ピクトグラム」で作られています。字の読めない人にも伝わるようにという思いからこのアイコンが作られました。

企業がSDGsに取り組む理由

2030年に達成していたい姿を目標に掲げたSDGsは世界各国の政府や自治体が取り組むべきですが、企業が取り組まなければならない理由はあるのでしょうか。

もちろん地球の存続なしに企業の存在は難しいので、環境は人類のために企業も貢献する必要がありますが、ここでは「ESG」という観点から企業がSDGsに取り組む理由を説明します。

ESGとは

ESGとは
Environment 環境
Social 社会
Governance ガバナンス(統治)

近年、企業の長期的な成長のためには「ESG」が重要と言われています。

ESGとは、「E」はEnvironment=環境「S」はSocial=社会「G」はGovernance=ガバナンス(統治)を指し、これらの頭文字を取ってできた言葉です。売上や利益といった実績だけでなく、環境、社会、企業統治といった観点から投資先を選定する「ESG投資」を行う投資家が増えています。

利益優先の経営は、環境への負荷や労働者への負荷、不正・不祥事といった悪影響が懸念されます。企業の持続可能性を確保し、持続的に成長するためには、環境・社会・企業統治への配慮は不可欠です。環境に配慮していない、社会貢献性が低い、労働環境が悪いといった企業は、資金調達が難しくなっています。

SDGsの目標達成に向けた取り組みを、一般消費者、取引先、投資家に浸透させることで、企業イメージの向上に繋がりやすくなるのです。企業イメージが向上すると価格競争を避けることができる、労働市場における優秀な人材の確保に繋がるといったメリットがあります。実際、社会や環境への配慮具合を定量化したESG指標と企業の財務的リターンに関連性があるという研究結果も出ています。

また、SDGsで目標として掲げている社会課題に対応していくことは、将来自社にも影響しうる経営リスクを回避しやすくなります。それだけでなく、SDGsへの取り組みを通じて、新たなパートナーと繋がることや、事業機会の創出も期待できるでしょう。

SDGsには、すぐ取り組める目標もたくさんあります。例えば、「8.働きがいも経済成長も」の目標に企業活動を通じて取り組むことができれば、社員のモチベーションアップやエンゲージメントの向上にも寄与しやすくなるのです。

SDGsにおける企業の取り組み

SDGsの概要を把握できたところで、SDGsの実例について紹介しましょう。国内の企業は、実際にどのような取り組みを行っているのでしょうか。

約300万口座の書面を電子化しペーパーレスを実現した野村グループ

野村証券をはじめとしたサービスを提供する野村グループは「13.気候変動に具体的な対策を」への取り組みとして、紙の使用量削減に向けて目論見書や報告書、帳票類などの電子化を継続的に推進しています。2020年3月期には2,945,000口座のお客様に送る書面の電子化を達成しています。また、社内では各種申請書や報告書などの紙書類の電子化を推進、全営業担当者にタブレット端末を配布するなどして紙の使用量削減に取り組んでいます。

参照:ペーパーレス&リサイクルの取り組み | NOMURA

参考:ペーパーレスの本当のメリットと目的とは?おすすめツールや事例も紹介

女性管理職の比率50%を実現するイケア・ジャパン株式会社の取り組み

スウェーデン発祥で、世界最大の家具量販店であるイケアでは、「5.ジェンダー平等を実現しよう」に積極的に取り組んでいます。フラットな組織基盤づくりを目指して、男女平等に配慮した制度や社内風土づくりに注力しているイケアでは、女性管理職が約50%を占めています。日本の女性管理職比率は12%ですので、非常に高い数値といえます。

参照:イケアに学ぶ「SDGs」へのコミットメントと、持続可能な企業づくり

株式会社セブン-イレブン・ジャパンの食品ロスを削減する「エシカルプロジェクト」

12.つくる責任つかう責任」の達成に向けて株式会社セブン-イレブン・ジャパンでは、販売期限が近づいたおにぎりやパンなどの対象商品を電子マネーnanacoで購入したお客様に、販売価格の5%分のボーナスポイントを付与する取り組みを2020年5月から全国で展開しています。エシカル消費という自然にとってもよいものを積極的に選ぶ活動を消費者が意識し、すぐに食べるのであれば商品棚の手前から商品を取ってもらうといった、食品ロス削減にお客様と取り組んでいく「エシカルプロジェクト」を推進しています。

参照:エシカルプロジェクト|セブン‐イレブン~近くて便利~

SDGsにおける個人の取り組み

SDGsは、政府や企業として取り組むだけでなく、目標達成に向けて個人が生活の中で意識をすることが重要です。以下では、すぐに実行できる取り組みをご紹介します。

例えば、買い物でエコバッグを利用したり、職場や学校に飲水用のマイボトルを持参したりするのは、「12.つくる責任つかう責任」や、「14.海の豊かさを守ろう」を達成することに繋がります。また、日々の生活でごみを減らす、電気をこまめに消す、省エネ家電を使用する、などの取り組みは「13.気候変動に具体的な対策を」、お風呂の水を洗濯に使用することは「6.安全な水とトイレを世界中に」に通じています。このように、日々の生活の中で環境に配慮する、意識して行動するだけでSDGsの目標達成に貢献できるのです。

SDGsの今後

SDGsの広がりによって、環境や社会に貢献する企業は今後ますます注目されていくことになります。

地球環境を守り世界中の人が安心・安全で安定した暮らしができる社会を実現するためには、環境に配慮しながら産業を発展させて雇用を創出し、働きやすい労働環境を整備していかなければなりません。

SDGsの根本的な理念である「持続可能な開発」を実現するためには、雇用と労働の課題の解決に取り組むことも一つの方法です。日本では労働人口の減少が進み、人材不足が深刻化しています。加えて、世界と比べると日本の労働生産性が低いことも課題です。労働人口が減少する今、「労働生産性をいかに高めるか」が鍵となるでしょう。

今回は、SDGsの基本情報や具体的な取り組みについて詳しく紹介してきました。記事の内容を要約すると、以下の通りになります。

まとめ

  • 「SDGs(エスディージーズ)」は、Sustainable Development Goalsの頭文字を1字ずつとったもの。日本語では「持続可能な開発目標」。
  • 持続可能な開発目標とは、地球や国際社会が抱える問題を解決するための万国共通の国際目標。
  • SDGs の目標は17項目からさらに細分化し、169のターゲット(目標)と232の指標がある。
  • SDGs の実現に向けて、政府や地方自治体に加え企業、NPO、NGOなど民間組織、そして世界中の一人ひとりが一体となって取り組む必要がある。
  • SDGsの「持続可能な開発」を実現するために、日本では雇用と労働の課題の解決に取り組むとよい。

SDGs目標達成に必要な雇用と労働の課題解決に向けた取り組みとして、最優先で取り組みたいのは、業務効率化と労働時間の削減です。先の項で紹介した通り、働きやすい労働環境を整備することで、安全で安定した暮らしができる社会を実現しやすくなります。

業務効率化の実現をサポート!
「業務効率化ハンドブック」
をダウンロードする

SDGsに関わる取り組みをしながら業務効率化を実現したい企業担当者の方であれば、生産性向上プラットフォームの「Teachme Biz」の導入を検討してみては如何でしょうか。SDGsにマニュアルのペーパーレスという形で貢献できるTeachme Bizは、クラウドでマニュアル作成・共有が可能です。紙ベースのマニュアルは往々にして大量の紙を消費します。Teachme Bizは、そういったことなくマニュアルを作成できるだけでなく、テレワークやオンライン研修といった柔軟な働き方をサポートするなどマニュアルを通して企業全体の生産性向上に貢献できるサービスです。

5分で分かる
Teachme Bizの
サービス概要資料
をダウンロードする