便利マニュアル

高精度な翻訳が評判の「DeepL翻訳」とは?便利な使い方をマニュアルで分かりやすくご紹介!

みなさんは機械翻訳サービスを利用したことはありますか?ビジネスにおいて、外国語の知識は海外展開を計画するときやプレスリリースを読むとき、お問い合わせをするときなどで必要になります。自動で翻訳してくれる翻訳サービスは非常に便利なため、利用する機会もあるかと思いますが、これまで、翻訳された文章は違和感があり、自分の知識を使って修正を行う必要がありました。ところが最近、これまでの翻訳サービスよりも高精度で自然な翻訳ができる「DeepL(ディープエル)翻訳」が登場し、注目を集めています。
そこで本記事では、Google翻訳をはじめとした他の翻訳サービスではなく、DeepL翻訳を利用するメリットから、より快適に利用する方法までご紹介いたします。記事の最後には、スタディストが提供するDeepL翻訳の便利マニュアルをまとめて公開しておりますので、ぜひご活用ください。

DeepL翻訳とは?

DeepL翻訳とは、ドイツで言語向けの人工知能システムを開発しているDeepL社が提供する機械翻訳サービスです。DeepL翻訳の前身は、利用者数が十億人以上を誇る世界初の翻訳文の検索エンジンを搭載したLingueeです。DeepL翻訳は2017年夏にインターネット上で無料公開され、2020年3月19日より日本語での利用が可能になりました。

翻訳手法

深層学習(Deep Learning:ディープラーニング)を利用して機械翻訳を行っています。詳しい手法については公表されていませんが、Google翻訳ではリカレントニューラルネットワーク(RNN)という深層学習を利用しているのに対し、DeepL翻訳ではより複雑な処理が可能な、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)と呼ばれる深層学習を用いているため、Google翻訳よりも細かくニュアンスを読み取ることができ、より自然に近い高精度な翻訳を可能にしています。

翻訳可能な言語

DeepL翻訳は以下の12言語に対応しています。(2020年8月17日現在)

・日本語
・英語
・ドイツ語
・フランス語
・スペイン語
・ポルトガル語
・ポルトガル語(ブラジル)
・イタリア語
・オランダ語
・ポーランド語
・ロシア語
・中国語(簡体字)

Google翻訳は100以上の言語、エキサイト翻訳は34言語に対応しているため、他のサービスと比べると対応言語数はまだ少ない状態です。

無料プランと有料プランの違い

▶出典:DeepLホームページ

DeepL翻訳には無料で手軽に利用が開始できる無料プランと、より多くの機能を利用できる有料プランがあります。無料プランは翻訳できる文字数に制限がありますが、一度に5,000字まで翻訳できるため、無料プランでも十分に翻訳サービスとして活用できます。

Google翻訳よりすごいと評判のDeepL翻訳を使用するメリットとは?

DeepL翻訳はGoogle翻訳よりもすごいと評判ですが、Google翻訳ではなくDeepL翻訳を利用するメリットは具体的に何があるのでしょうか?翻訳精度と機能に注目してご紹介します。

翻訳精度が世界最高レベル

▶出典:DeepL「DeepL翻訳が日本語と中国語を習得」

DeepL翻訳はこれまでの翻訳サービスよりも翻訳精度が高く、自然に近い翻訳ができるということで注目を集めています。実際にDeepL社が独自に他の翻訳サービスと比較するブラインドテストを行ったところ、どの翻訳においてもDeepL翻訳による翻訳が最も良いという結果になりました。実際に例文を使って、その翻訳精度についてご紹介します。

例文:「太郎は怒っている。だから何をするかわからない。」

Google翻訳:Taro is angry. So I don't know what to do.
DeepL翻訳: Taro is angry. So I don't know what he'll do.

Google翻訳とDeepL翻訳の翻訳結果の大きな違いは「だから何をするのかわからない」の部分の行動の主体です。Google翻訳では、前後の文脈に関係なく1文ずつ翻訳しているため、「何をするのかわからない」の行動の主体は自分になっています。一方、DeepL翻訳は前の文章との因果関係をとらえ、「何をするのかわからない」の行動の主体が彼であることをしっかりと捉えています。日本語は主語を省略する場合が多いため、日本語から別の言語に翻訳する際には、より正確な意味を捉えることができるDeepL翻訳を利用することが望ましいでしょう。

文書ファイルをそのまま翻訳できる

文書ファイルをアップロードして翻訳する、という機能は、現在さまざまな翻訳サービスにおいて提供されています。

Google翻訳における文書ファイルの翻訳機能では、WordやPowerPoint、PDF、Textなど多くの形式に対応していますが、翻訳結果はいずれも上の画像の中央に示すように、全てHTMLで表示されます。そのため画像は認識されず、もとの書式を維持できません。一方、DeepL翻訳はWordとPowerPointの二種類の形式にしか対応していないものの、上の画像の一番右に示すように、画像との位置関係や形式はそのままで文章のみが翻訳されるため、文書を作り直す手間がかかりません。有償プランのDeepL Proでは翻訳した文書の編集も可能です。

DeepL翻訳の便利な使い方

DeepL翻訳はブラウザから登録なしで簡単に利用できますが、Google Chromeの拡張機能やデスクトップアプリを利用することでより便利にDeepL翻訳を使いこなすことができます。ブラウザ、Google Chromeの拡張機能、デスクトップアプリにおけるそれぞれの使い方をご紹介します。

ブラウザから利用

DeepLホームページより登録なしで、すぐに利用できます。翻訳結果の右下のボタンから翻訳した内容をクリップボードにコピーしたり、Text形式で保存したりすることができます。

Google Chromeの拡張機能として利用

DeepL翻訳はGoogle Chromeの拡張機能に追加することができます。ネット上の文章を翻訳したいときは、この拡張機能を使うことでより簡単に翻訳できます。

1. まずこちらのリンクを開くか、Chromeウェブストアで「DeepL Translator」と検索し、「Chromeに追加」をクリック

2. 「拡張機能を追加」をクリック

3. インストール後に拡張機能をピン止め

4. 翻訳したい文章を選択し、右上にピン止めした「DeepL Translator」をクリック

5. 翻訳完了

詳しい方法についてはこちらのマニュアルをご覧ください。
▶ DeepL翻訳をChrome拡張でもっと便利に使う方法

デスクトップアプリとして利用

DeepL翻訳はデスクトップアプリも提供されており、デスクトップアプリを利用することで、Google Chromeだけでなくあらゆる場面での翻訳が簡単に行えるようになります。

1. Windowsの場合
1.1 DeepLアプリダウンロードページを開き「無料ダウンロード」をクリック

1.2 ダウンロードが完了したら「DeepLSetup.exe」を開きインストールを開始

1.3 インストールが完了したら、翻訳したい文章を選択し「Ctrl + C」を2回押す

1.4 翻訳完了

詳しい方法についてはこちらのマニュアルをご覧ください。
DeepL翻訳をWindows向けアプリでもっと便利に使う方法

2. Macの場合
2.1 DeepLアプリダウンロードページを開き「Mac版をダウンロード」をクリック

2.2 ダウンロードが完了したら「DeepL.dmg」を開きインストールを開始

2.3インストールが完了したら、翻訳したい文章を選択し「⌘ C(command + C)」を2回押す

2.4 翻訳完了

まとめ

DeepL翻訳のメリットや使い方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?深層学習の発展に伴い、機械翻訳サービスは日々進化を遂げています。その中でも、世界最高レベルの翻訳精度を誇るDeepL翻訳はこれから更に利用者が増え、対応言語も充実し、精度が向上していくことが期待されています。ぜひ、Google Chromeの拡張機能に追加したり、デスクトップアプリをインストールしたりしてDeepL翻訳を利用し、快適な翻訳環境を整えましょう。

DeepL翻訳の使い方に関するマニュアルを無料公開!

記事内でご紹介したマニュアルを含め、スタディストが提供するビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム「Teachme Biz」で作成したTeamsマニュアルなどをまとめて公開しています。ログインすることなくご覧いただけますので、ぜひご活用ください。
DeepL翻訳をChrome拡張でもっと便利に使う方法
DeepL翻訳をWindows向けアプリでもっと便利に使う方法