人材育成が企業の未来を左右する? 2021年における人材育成の重要性と4つのポイントを紹介!

IT化やAIの台頭、少子高齢化、働き方改革などにより働く環境は激しく変動しています。時代の流れに合わせて、会社の制度を見直す企業も多いのではないでしょうか。その中でも企業の競争力を高めるために注目されているのが人材育成です。 そこで本記事では人材育成に関して、見直しをするうえで知っておくべき課題からポイントまでを解説いたします。 そもそも人材育成とは? 人材育成とは? 人材育成とは、単に仕事ができる人材を育てることではなく、戦力となり会社に、そして社会に貢献できる人材を育てることを意味しています。そのため、ただ会社のルールや仕事の仕方を教えることだけでは人材育成とは言えません。 なぜ人材育成が必要? 当たり前の事実ではありますが、会社を支え... IT化やAIの台頭、少子高齢化、働き方改革などにより働く環境は激しく変動しています。時代の流れに合わせて、会社の制度を見直す企業も多いのではないでしょうか。その中でも企業の競争力を高めるために注目されているのが人材育成です。 そこで本記事では人材育成に関して、見直しをするうえで知っておくべき課題からポイントまでを解説いたします。...

効果的な社員研修の方法とは?社員研修における3つの課題とその解決策をご紹介!

社員研修は業務に必要な知識やスキルを習得する重要な場です。しかし、「社員研修をどうやって行えばいいのかわからない」「社員研修を行っても、すぐに内容を忘れられてしまう」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 本記事では、社員研修の目的や手法、課題に加え、その解決策を事例を交えてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。 >>あわせて読みたい!「eラーニングとOJTの組み合わせで人材の即戦力化を実現!その方法とは?」 社員研修の目的 社員研修とは、社員に対して業務遂行に必要な知識やスキルを習得させるために企業が提供する研修です。社員研修を受ける対象は、内定者や新入社員といった「新人」から、中堅社員、役職者といった「古株」... 社員研修は業務に必要な知識やスキルを習得する重要な場です。しかし、「社員研修をどうやって行えばいいのかわからない」「社員研修を行っても、すぐに内容を忘れられてしまう」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 本記事では、社員研修の目的や手法、課題に加え、その解決策を事例を交えてご紹介します。ぜひ参考にしてみてく...

【Teachme Bizユーザーインタビュー】Teachme Bizを「協業し価値を生み出す文化」の醸成に役立てたい│Street Smart (Thailand) Co., Ltd. 様

今後クラウドツールを活用するタイ企業は増える 弊社は企業向けにクラウドツールを提供し、導入に際しての技術的なサポート、トレーニング、運用マニュアル作成、教育支援などを手掛けている企業です。日本では、GoogleのG Suiteを中心にさまざまなクラウドツールを扱っています。  タイには2014年に進出しました。当初はコールセンターを置くという構想もありましたが、今後はタイでも日本のようにクラウドツールを導入する企業が増えるであろうことを確信し、G Suiteの導入支援事業やクラウドツールの代理店業務を事業内容として、現地法人を設立しました。  とはいえ、いまのところタイで扱っているツールは G Suiteのみ。少しずつ他のツールの取り扱いも増やしていく計... 今後クラウドツールを活用するタイ企業は増える 弊社は企業向けにクラウドツールを提供し、導入に際しての技術的なサポート、トレーニング、運用マニュアル作成、教育支援などを手掛けている企業です。日本では、GoogleのG Suiteを中心にさまざまなクラウドツールを扱っています。  タイには2014年に進出しました。当初はコールセン...

【イベントレポート】Teachme Biz 1st Thai User Meeting~前編~

2020年1月30日(金)にタイにおいて開催された「1st Teachme Biz Thai User Meeting」についてのレポートをお届けします。 生産性向上・事業成長が実現できるビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム ”Teachme Biz” は、日本を中心にタイ、香港、シンガポール、マレーシア、ミャンマーの2,000以上の企業様に導入いただいています。(2020/02現在) 今回は、以下の5業種6社の企業にご登壇いただきました。 Tsuruha(Thailand)Co., Ltd. 様 業種:小売業 https://www.tsuruha.co.th/ STREET SMART (Thailand) 様 業... 2020年1月30日(金)にタイにおいて開催された「1st Teachme Biz Thai User Meeting」についてのレポートをお届けします。 生産性向上・事業成長が実現できるビジュアルSOPマネジメントプラットフォーム ”Teachme Biz” は、日本を中心にタイ、香港、シンガポール、マレーシア、ミャンマーの2...

Salesforce導入

2,000 社以上導入プロダクトの問い合わせを、サポート 2 名だけで対応してきた仕組み - Salesforce × Teachme Biz による業務効率化

お客様から、「スタディストさんは自社で Salesforce と Teachme Biz をどう活用しているの?」と聞かれることがあります。 弊社では、様々な部署で Salesforce と Teachme Biz を組み合わせて活用しています。たとえば、カスタマーサポート(CS)の業務を徹底的に効率化しており、いままで 2,000 社以上の導入企業の皆様に対して、サポート業務は問い合わせ専任というわけではないメンバー 2 人だけで対応できています。 これを話すと、お客様には驚かれることもあります。さらに、「その話を参考に、自社で真似してみた」というお声もいただいているので、今回はこうしてブログにまとめてみました。 要約すると、特に会員向けサイトや外... お客様から、「スタディストさんは自社で Salesforce と Teachme Biz をどう活用しているの?」と聞かれることがあります。 弊社では、様々な部署で Salesforce と Teachme Biz を組み合わせて活用しています。たとえば、カスタマーサポート(CS)の業務を徹底的に効率化しており、いままで 2,0...

2020年4月施行「パートタイム・有期雇用労働法」でどう変わる?同一労働同一賃金の事例とメリット・デメリットをわかりやすく解説

パートタイム・有期雇用労働者が雇用者全体の3割以上を占めている現在、正社員と同じ仕事をしているにもかかわらず賃金などの待遇が違う、正社員になるのが難しいといった問題が存在しています。 それらの問題を解決するため、働き方改革関連法が成立しすべての企業に対応が求められています。厚生労働省により同一労働同一賃金ガイドラインが策定され、働き方改革関連法のひとつとしてパートタイム・有期雇用労働法が施行されますが、具体的な内容や対策が分からないと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、法改正によって何が変わり、どのような対応が必要になってくるのか、ポイント別にわかりやすく解説します。 ▼働き方改革に関する記事はこちらから 働き方改革とは?働き方改革によってなに... パートタイム・有期雇用労働者が雇用者全体の3割以上を占めている現在、正社員と同じ仕事をしているにもかかわらず賃金などの待遇が違う、正社員になるのが難しいといった問題が存在しています。 それらの問題を解決するため、働き方改革関連法が成立しすべての企業に対応が求められています。厚生労働省により同一労働同一賃金ガイドラインが策定され、...

反転学習は本当に効率がいいの?企業研修で効果的な反転授業のやり方を解説

近年の教育現場で、従来の授業スタイルとは正反対のやり方である「反転授業」が注目を集めています。反転授業とは情報通信技術を活用した新しい教育方法です。一体どのようなものなのでしょうか? 本記事では、反転授業とは何か、反転授業のメリット・課題やその解決策に加え、企業の人材育成での活用事例をご紹介します。ぜひ参考になさってください。 反転授業とは? 反転授業とは、従来の「授業」と「宿題」の役割を全く逆にした授業形態のことを言います。 従来の一般的な学習スタイルは、「授業」を受けて知識をインプットし、授業後に「宿題」を通して知識のアウトプットをするというものがスタンダードでした。それに対し、反転授業とは、授業前にビデオ講義の視聴で知識のインプットを済ませ、授業... 近年の教育現場で、従来の授業スタイルとは正反対のやり方である「反転授業」が注目を集めています。反転授業とは情報通信技術を活用した新しい教育方法です。一体どのようなものなのでしょうか? 本記事では、反転授業とは何か、反転授業のメリット・課題やその解決策に加え、企業の人材育成での活用事例をご紹介します。ぜひ参考になさってください。 ...

Teachme Biz トレーニング機能 開発秘話

2020年2月3日に「従業員教育」に特化した、Teachme Biz トレーニング機能のオープンβ版をリリース。 手順書の作りやすさとわかり易さに優れているTeachme Bizだが、作成した手順書を実際に社内に浸透させるにはお客様社内での運用設計や創意工夫が必要でした。Teachme Bizの公式機能として、従業員教育のための教育カリキュラム(=以下コース)作成や学習進捗確認の運用をご支援することで、お客様の生産性向上を実現するトレーニング機能。この機能を開発することに至った背景や思いなどを、弊社CTO佐橘、プロダクトマネージャー井上に聞いた。     まず、トレーニング機能の開発に至った背景を教えてください 佐橘:Teachme Bizが扱う「手順書... 2020年2月3日に「従業員教育」に特化した、Teachme Biz トレーニング機能のオープンβ版をリリース。 手順書の作りやすさとわかり易さに優れているTeachme Bizだが、作成した手順書を実際に社内に浸透させるにはお客様社内での運用設計や創意工夫が必要でした。Teachme Bizの公式機能として、従業員教育のための教育...

現場が楽しめるマニュアル作り。Teachme Biz定着までの道のり|Teachme Biz User Conference 2019 vol.3 サンベルクス様編

今回の記事では、2019年7月26日(金)に開催されたTeachme Biz User Conference 2019 vol.3についてのレポートをお届けいたします。 カンファレンスでは、株式会社サンベルクスホールディングス様(以下、サンベルクス様)にご登壇いただきました。本レポートではサンベルクス様にお話しいただいた「Teachme Biz導入から1年間の歩み」についてご紹介いたします。 サンベルクス様が経営するスーパーマーケットチェーンである「スーパーベルクス」は、採れたての野菜、新鮮な魚など、鮮度の良い商品をお客様に提供することを強みにした、「専門性追求型スーパーマーケット」です。バイヤーの方々がお互いに情報交換しながら、複数の市場から品質の良い食... 今回の記事では、2019年7月26日(金)に開催されたTeachme Biz User Conference 2019 vol.3についてのレポートをお届けいたします。 カンファレンスでは、株式会社サンベルクスホールディングス様(以下、サンベルクス様)にご登壇いただきました。本レポートではサンベルクス様にお話しいただいた「Tea...

<イベントレポート>「アルバイトスタッフの定着のポイント」の内容をご紹介いたします!

今回の記事では、2019年10月25日(金)に開催された『HRog編集部 #3 アルバイトの採用と定着。次の一手を考える』にて、弊社CMO森が登壇した『アルバイトスタッフの定着のポイント』の登壇内容をご紹介いたします。 〜要点〜 ・若年層の人口は減少&求人数は増加により、若年層のアルバイト採用は難しい状態 ・物理的・精神的理由により定着率にも課題 ・アルバイトスタッフ定着には3つのポイント アルバイト採用市場の現状 労働力調査(詳細集計) 平成30年平均(速報)結果などを読み解くと、国内の非正規雇用はアルバイト・パートを中心に増加傾向にあります。 その理由として、シニア層と主婦層の増加が著しく、小売業などでの女性のパート・アルバイトの需要、定年退... 今回の記事では、2019年10月25日(金)に開催された『HRog編集部 #3 アルバイトの採用と定着。次の一手を考える』にて、弊社CMO森が登壇した『アルバイトスタッフの定着のポイント』の登壇内容をご紹介いたします。 〜要点〜 ・若年層の人口は減少&求人数は増加により、若年層のアルバイト採用は難しい状態 ・物理的・精神的理由に...

生産性向上

働き方改革で残業時間の規制がどのように変わるかご紹介!

働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けて、労働環境を大幅に見直す国を挙げての取り組みです。労働力人口が減少しているので、それを補うための取り組みともいえます。 働き方改革のひとつとして、実際に働いている多くの社会人や企業の身近な問題になるのが残業規制ではないでしょうか。そこでこの記事では、働き方改革の残業規制についての詳細をご紹介します。 この記事を読むことで、何時間残業を行ったら残業規制に引っかかってしまうのか、さらに残業規制には法的な罰則があるのかなどがわかります。残業規制の施行時期はいつなのか、残業規制と同時に更新された働き方改革の諸制度についても、あわせて解説していますので、ぜひ参考にしてください。 働き方改革で変わった残業規制!ど... 働き方改革とは、一億総活躍社会の実現に向けて、労働環境を大幅に見直す国を挙げての取り組みです。労働力人口が減少しているので、それを補うための取り組みともいえます。 働き方改革のひとつとして、実際に働いている多くの社会人や企業の身近な問題になるのが残業規制ではないでしょうか。そこでこの記事では、働き方改革の残業規制についての...

外国人労働者の受け入れ拡大とは?起こり得る影響やメリット・デメリット

昨今の日本では効率性や生産性を上げるため、しきりに働き方改革が叫ばれています。働き方改革の取り組みの1つに、企業におけるダイバーシティの推進があり、どの企業も外国人労働者の受け入れには寛容になる必要があります。 しかし、なぜ外国人労働者の受け入れ拡大を行うのか、企業にどのような影響があるのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、外国人労働者の受け入れ拡大とは何か、そして起こりうるメリットやデメリットについてご紹介します。受け入れにあたって企業側の対応方法が分かりスムーズな対応ができますので、ぜひチェックしてみてください。 外国人労働者の受け入れ拡大とはなにか? 外国人労働者の受け入れ拡大とは、新たに設定された「... 昨今の日本では効率性や生産性を上げるため、しきりに働き方改革が叫ばれています。働き方改革の取り組みの1つに、企業におけるダイバーシティの推進があり、どの企業も外国人労働者の受け入れには寛容になる必要があります。 しかし、なぜ外国人労働者の受け入れ拡大を行うのか、企業にどのような影響があるのか分からないという方もいるのではない...

チャットボットとTeachme Bizの連携で問い合わせ対応の未来を創る|第5回User Conference レポート: 伊藤忠テクノソリューションズ様編

今回の記事では、2019年5月24日(金)に開催された「Teachme Biz User Conference 2019」についてのレポートをお届けいたします。 カンファレンスでは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下CTC様)とMipox株式会社様の2社にご登壇いただきました。本レポートではCTC様にお話しいただいた「CTCデータセンター・クラウドサービスにおける業務効率化と顧客価値向上に向けた取り組み」についてご紹介いたします。 IT会社であるCTC様は、システムのトータルソリューションを提供するシステムインテグレーターとして第一線でご活躍されています。今回ご登壇いただいた大塚様・横堀様は共にデータセンター・クラウド事業を担当するグループに所属... 今回の記事では、2019年5月24日(金)に開催された「Teachme Biz User Conference 2019」についてのレポートをお届けいたします。 カンファレンスでは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下CTC様)とMipox株式会社様の2社にご登壇いただきました。本レポートではCTC様にお話しいただいた「...

生産性向上

働き方改革とはなにかを簡単にご紹介!働き方改革の推進に必要なこととは?

働き方改革関連法案が施行されましたが、一体どのようなものなのか理解できていない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、働き方改革とはなにかを簡単に説明しつつ、働き方改革の推進に必要なことやツールについても紹介をしていきます。 働き方改革について興味があるけれど、難しそうなのでよくわからないという方のために、制度の目的や背景、意義についてまで簡単に解説していますので、ぜひ参考にしてください。 働き方改革とは簡単に言うとどのような改革? 働き方改革という言葉はなんとなく聞いたことあるけれど、具体的にどのような改革なのと問われたら説明できないという方が多いのではないのでしょうか。まずは、働き方改革についてできるだけ簡単に紹介していき... 働き方改革関連法案が施行されましたが、一体どのようなものなのか理解できていない方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、働き方改革とはなにかを簡単に説明しつつ、働き方改革の推進に必要なことやツールについても紹介をしていきます。 働き方改革について興味があるけれど、難しそうなのでよくわからないという方のために、制度の目...

生産性向上

働き方改革のアイデア・成功事例集【業種別・ポイント別に紹介】

働き方改革が叫ばれるようによって、ここ数年で一気に労働環境の整備を行う企業が増えました。しかし取り組みの結果、働きやすい労働環境の実現に成功した企業があるのに対し、失敗事例があるのも事実です。自社で働き方改革を検討するなかで、実際の成功事例や失敗する原因などを知りたいという方は多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、実際に企業で実施した働き方改革の事例を、業種別やポイント別で紹介していきます。自社で働き方改革を成功させるための参考になれば幸いです。 働き方改革の目的と背景とは? 働き方改革関連法案は2019年4月1日より順次施行がされていますが、これより前から大企業を中心に労働環境の整備が行われていました。働き方改革が重要視される... 働き方改革が叫ばれるようによって、ここ数年で一気に労働環境の整備を行う企業が増えました。しかし取り組みの結果、働きやすい労働環境の実現に成功した企業があるのに対し、失敗事例があるのも事実です。自社で働き方改革を検討するなかで、実際の成功事例や失敗する原因などを知りたいという方は多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、...

製造の現場でカイゼンが広がる。クラウドだからできるTeachme Bizの活用法|第5回User Conference レポート: Mipox様編

今回は、2019年5月24日(金)に開催されたTeachme Biz User Conference 2019についてのレポートをお届けします。 カンファレンスでは、Mipox株式会社様(以下Mipox様)と、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下CTC様)の2社にご登壇いただきました。本レポートでは、Mipox様にお話いただいた「Teachme Biz活用事例 – 製造現場から広まった手順書の刷新」をご紹介します。 >>【関連】Mipox様 導入事例「1日仕事だった手順書作りが1時間に!ミスの発生も減少」 >>【関連】Mipox様 導入事例「Salesforce×Teachme Bizのベストコンビで作業の時間短縮&品質向上」 ... 今回は、2019年5月24日(金)に開催されたTeachme Biz User Conference 2019についてのレポートをお届けします。 カンファレンスでは、Mipox株式会社様(以下Mipox様)と、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下CTC様)の2社にご登壇いただきました。本レポートでは、Mipox様にお話い...

マニュアルが引き継ぎに効果的な理由と引き継ぎ書の作成方法をご紹介

会社に勤めていると、退職の時や異動の時に後任者へ業務の引き継ぎをする場合があります。中には、今まさにそのような状況の従業員がいるけれど、どのように引き継ぎをさせればよいのか分からない、という経営者や管理職の方もいるのではないでしょうか。 引き継ぎを行う際、マニュアルを作成しておくことはとても有効的です。この記事では、マニュアルが引き継ぎに効果的な理由と引き継ぎ書の作成方法をご紹介します。 引き継ぎのタイミングとポイント 仕事を引き継いだ後任者は、残された資料などを頼りに仕事を覚えていかなければなりません。スムーズに業務をこなすためにも、担当している業務の目的や作業の要点、注意点、資料の保管場所等を細かく伝えることはとても重要です。 ... 会社に勤めていると、退職の時や異動の時に後任者へ業務の引き継ぎをする場合があります。中には、今まさにそのような状況の従業員がいるけれど、どのように引き継ぎをさせればよいのか分からない、という経営者や管理職の方もいるのではないでしょうか。 引き継ぎを行う際、マニュアルを作成しておくことはとても有効的です。この記事では、マニュア...

生産性向上

人手不足はなぜ起こる?解消へ向けた6つの対策方法をご紹介

大企業・中小企業を問わず、働き手の不足は深刻化しています。少子高齢化が大きな要因と言えますが、実際にはどのような業界が人手不足に悩んでいるのでしょうか。離職率増加・就職率減少といった原因は複雑で、業種により異なる部分です。 そこで本記事では、人手不足を抱える業種とその理由について解説していきます。後半では業務の効率化・自動化についてもピックアップしているので、この記事を参考にして人手不足解消を目指しましょう。 高まる「人手不足」のリスク 最近「人手不足」のニュースを目にすることが増えてきました。震災復興やオリンピックで需要が高まる「建設業」や、深夜のアルバイトスタッフが集まらず営業に支障が出ている「飲食業」など、話題にのぼる業界もさまざまです。 「... 大企業・中小企業を問わず、働き手の不足は深刻化しています。少子高齢化が大きな要因と言えますが、実際にはどのような業界が人手不足に悩んでいるのでしょうか。離職率増加・就職率減少といった原因は複雑で、業種により異なる部分です。 そこで本記事では、人手不足を抱える業種とその理由について解説していきます。後半では業務の効率化・自動化...

生産性向上

人手不足による悪影響とは?対策方法を3つの成功事例と共にご紹介

人材不足は企業経営において深刻な問題のひとつです。人材が十分でない場合、業務が滞り経営活動がスムーズに進まなくなります。また有益な事業計画を持っていたとしても、人材がいなければ計画通りに進まないことも多いでしょう。その結果、十分な利益を出せずに業績が悪化してしまう場合があります。 現状、人材不足で業務に支障が出ている企業もあるのではないでしょうか。人材不足は企業にとって解決すべき問題であり、対策を早急に考える必要があります。 本記事では、人材不足の影響と対策方法について解説していきます。人材不足の問題を見直すことで、ちょっとした工夫で人材不足を補えるようになります。企業活動をスムーズにし、利益を出していけるように迅速に対応していきましょう。 人手... 人材不足は企業経営において深刻な問題のひとつです。人材が十分でない場合、業務が滞り経営活動がスムーズに進まなくなります。また有益な事業計画を持っていたとしても、人材がいなければ計画通りに進まないことも多いでしょう。その結果、十分な利益を出せずに業績が悪化してしまう場合があります。 現状、人材不足で業務に支障が出ている企業もあ...

属人化の特長やリスクとは?解消するための業務標準化について解説

一部の社員だけが業務を担当することが恒常化している職場では、担当者が不在のときにクライアントから質問を受けて困ってしまったり仕事が止まってしまったりという経験をした方もいるのではないでしょうか。このような状態を「属人化」と呼びます。 本来であれば、誰でも同じように業務に取り組めて一定のアウトプットを出せるのが理想です。そこでこの記事では、仕事が属人化してしまう原因やリスクについてご紹介します。属人化を解消するヒントを得られますので、ぜひ参考にしてみてください。 特定の社員に依存した業務が多く、生産効率や品質のバラつきがある。 その結果、会社の業績も不安定・・・。 Teachme Bizなら、そのお悩みを解決するお手伝いができます。 業務の属... 一部の社員だけが業務を担当することが恒常化している職場では、担当者が不在のときにクライアントから質問を受けて困ってしまったり仕事が止まってしまったりという経験をした方もいるのではないでしょうか。このような状態を「属人化」と呼びます。 本来であれば、誰でも同じように業務に取り組めて一定のアウトプットを出せるのが理想です。そこ...

業務効率化

作業の効率化 に取り組むべき7つの「ムダ」を 事例 でチェック!

作業の効率化 について、皆さんは普段このような悩みを抱えていないでしょうか? 「この作業のこの工程は本当に必要なのか...」 「どうにか時間をかけないで仕事できないか」 このように悩んでいても、後回しになりがちで中々本腰を入れて取り組めていないのが現状でしょう。ですが、本当にそのままでいいのでしょうか? 今この時代になぜ 作業効率化 が必要で、対処することでどんな恩恵があるか本記事でお伝えします。 なぜ 作業効率化 は必要なのか 昨今話題に話題になっている「働き方改革」。なぜここまで政府は肩入れしているのでしょうか。 具体的に数字で考えてみましょう。 今の労働力は「労働力=労働力人口(人)×労働時間(時間)×生産性(%)」で表すこ... 作業の効率化 について、皆さんは普段このような悩みを抱えていないでしょうか? 「この作業のこの工程は本当に必要なのか...」 「どうにか時間をかけないで仕事できないか」 このように悩んでいても、後回しになりがちで中々本腰を入れて取り組めていないのが現状でしょう。ですが、本当にそのままでいいのでしょうか? 今この時...

業務効率化

品質向上方法とは?業務品質向上の5つのポイントとその手順を解説

「品質向上」 と一口に言われても、様々な意味があり、何をどうすべきかいまいちわかりにくいですよね。 製品のクオリティを上げるのか、欠陥品を無くすのかそれともそれ以外のことなのか。 まず「品質」とはなにか、そしてその「品質」が向上した状態がどのようなものかを整理し、我々が見落としがちな「品質向上」の正体に迫っていくとともに、それを目指すために何をすればいいのか?についてまとめました。 そもそも「品質」とは? 品質 という時に「何の」品質を思い浮かべるでしょうか? 皆さんも考えてみてください。 パッと思いつきやすいのは提供する製品の品質です。この中でも実際に製品を使ったお客様が魅力的に感じるかという設計品質と製品が思い描いた通りに製造できて... 「品質向上」 と一口に言われても、様々な意味があり、何をどうすべきかいまいちわかりにくいですよね。 製品のクオリティを上げるのか、欠陥品を無くすのかそれともそれ以外のことなのか。 まず「品質」とはなにか、そしてその「品質」が向上した状態がどのようなものかを整理し、我々が見落としがちな「品質向上」の正体に迫っていくとともに、...

生産性向上

人手不足による業務負担を軽減する方法をご紹介します!

昨今では人手不足の深刻化が囁かれ、この問題にお悩みの方も大勢いるのではないでしょうか。人員の不足をすぐに補うのは難しいことですが、業務の効率化次第では各個人の負担を軽減することができます。 そこで本記事では、人手不足による業務負担を軽減する方法についてご紹介します。人手不足や業務効率の向上でお悩みの方はぜひ参考にしてください。 人手不足による従業員への負担を軽減する方法 人手不足の影響で、まず負担が増大するのは業務現場の従業員であると考えられます。従業員の負担を抑えるためには、業務効率の向上は不可欠です。ここでは、人手不足による従業員の負担増大を軽減するための方法をご紹介します。 AI化、自動化で業務負担を軽くする 業務効率を... 昨今では人手不足の深刻化が囁かれ、この問題にお悩みの方も大勢いるのではないでしょうか。人員の不足をすぐに補うのは難しいことですが、業務の効率化次第では各個人の負担を軽減することができます。 そこで本記事では、人手不足による業務負担を軽減する方法についてご紹介します。人手不足や業務効率の向上でお悩みの方はぜひ参考にしてください...

生産性向上

働き方改革とは?働き方改革によってなにがどう変わるの?

長時間労働や頻繁な休日出勤など、生活が仕事一辺倒になることの弊害が叫ばれるようになりました。そこで始まったのが「働き方改革」です。プライベートの時間もしっかりと確保して「人間らしく生きる」ことで、会社と個人の両方が利益を得られる環境を作り上げることが期待されています。 しかし、働き方改革とは具体的にどういったものなのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、働き方改革とは具体的にどういうものなのか、実施することでなにがどう変わるのかを解説していきます。働き方改革を行うことの意義やメリットを理解して、会社の利益へとつなげていきましょう。 働き方改革とはなにか?働き方改革の概要を把握しよう 日本社会のなかには、いまだ... 長時間労働や頻繁な休日出勤など、生活が仕事一辺倒になることの弊害が叫ばれるようになりました。そこで始まったのが「働き方改革」です。プライベートの時間もしっかりと確保して「人間らしく生きる」ことで、会社と個人の両方が利益を得られる環境を作り上げることが期待されています。 しかし、働き方改革とは具体的にどういったものなのか分から...

新人教育をうまく行うポイントは?失敗例やマニュアル化のコツもご紹介!

「新人教育をしているけれど、最近の新人は何を考えているのかわからなくて困った」という方や、「将来的に新人教育をしなければならないので悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。 そこで本記事では、新人教育をうまく行うポイントについてご紹介します。 また、新人教育の失敗例やNG例も記載しています。新人教育の失敗は早期離職の原因にもなりかねません。ぜひ、参考にしてみてください。 そもそも新人教育の目的とは 新人教育の目的は、新人の即戦力化による、企業全体の戦力底上げです。 早期に利益を生み出せる社員を増やすこと、つまり生産性が高く戦力になる新人を生み出すことです。新人を生産性の高い戦力にすることにより、企業全体の戦力を底上げできます。... 「新人教育をしているけれど、最近の新人は何を考えているのかわからなくて困った」という方や、「将来的に新人教育をしなければならないので悩んでいる」という方もいるのではないでしょうか。 そこで本記事では、新人教育をうまく行うポイントについてご紹介します。 また、新人教育の失敗例やNG例も記載しています。新人教育の失敗は早期離職...

動画マニュアルのメリットとは?マニュアルの作成方法もご紹介します!

企業の業務を効率化させたいときや、無駄な作業を省きたいときはマニュアルを利用すると便利です。マニュアルのなかでも、今後動画マニュアルを導入していきたいという人もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、動画マニュアルを作成するメリットや、作成するためのツールをご紹介します。まだまだ文字を中心としたマニュアルが一般的ですが、動画マニュアルは特に業務効率化に有効です。どうすれば職場で生産性が向上するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。 動画マニュアルの4つのメリット 動画でマニュアルを作成しようと考えている方は、まずはどんなメリットがあるのかを確認しましょう。 以下で動画マニュアルの4つのメリットについて解説します。メリットを... 企業の業務を効率化させたいときや、無駄な作業を省きたいときはマニュアルを利用すると便利です。マニュアルのなかでも、今後動画マニュアルを導入していきたいという人もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、動画マニュアルを作成するメリットや、作成するためのツールをご紹介します。まだまだ文字を中心としたマニュアルが一般的ですが、...

【導入インタビュー】Growth Myanmar Co., Ltd. 様

Growth Myanmar Co., Ltd. Managing Director / 創業者 芳賀啓介氏 Teachme Bizはミャンマーのサービスレベルの向上に貢献できるツール ハイヤーサービスほか多彩な事業を展開  弊社は2014年に設立しました。メインに手がけている事業はハイヤーサービス。ドライバー付きのレンタカー事業です。駐在員やそのご家族向けに提供している月契約のハイヤーサービスを中心に、1日契約のハイヤーサービスや車のシェアリングサービスも提供しています。  お客様の大半は日系企業で、その数は国内外約400社にのぼります。個人のお客様もいまでは2000人〜2500人まで増えました。  このほかにも、タクシーの車体に企業... Growth Myanmar Co., Ltd. Managing Director / 創業者 芳賀啓介氏 Teachme Bizはミャンマーのサービスレベルの向上に貢献できるツール ハイヤーサービスほか多彩な事業を展開  弊社は2014年に設立しました。メインに手がけている事業はハイヤーサービス。ドライバー付き...

【導入インタビュー】おたる政寿司様

常務取締役 中村考志様 Teachme Bizで「おいしさづくり・人づくり・幸せづくり」の浸透を図りたい 熱烈なオファーに応えてタイに進出 おたる政寿司は私の祖父が開業した寿司屋です。現在、小樽市内に店が2店あり、そのほかに銀座と新宿にも店を構えています。バンコク店と合わせると現在5店体制です。 祖父は創業以来、「できるだけ多くの人に美味しいお寿司を」をモットーに寿司を握り、店を運営してきました。3代目である私は、「できるだけ世界中に美味しいお寿司を」を目標に掲げて、日々奮闘しています。 海外進出に関しては、これまでニューヨークやアブダビなどいろいろな場所からオファーがあったのですが、今回、アイコンサイアムの核テナントとして出店する高島屋さ... 常務取締役 中村考志様 Teachme Bizで「おいしさづくり・人づくり・幸せづくり」の浸透を図りたい 熱烈なオファーに応えてタイに進出 おたる政寿司は私の祖父が開業した寿司屋です。現在、小樽市内に店が2店あり、そのほかに銀座と新宿にも店を構えています。バンコク店と合わせると現在5店体制です。 祖父は創業以来、...

【導入インタビュー】ISID SOUTH EAST ASIA (THAILAND) CO.,LTD.様

マネージングジャパニーズコーディネーター 玉井啓介様 製造業の業務効率化を図り、市場開拓につなげていく 製造業のサポートを目的にタイに進出  弊社はグローバルで従業員2,700人規模のIT企業です。製造、金融、人事や会計などのエンタープライズ、マーケティングのシステムを主な領域として、ソフトウエアの販売、システム開発、サポート、コンサルティングの4つの事業を展開しています。ソフトウエアは、自社開発製品のほかに代理店として他社製品を扱うことも多く、Teachme Bizもその一つです。  タイには日本の製造業をサポートすることを目的に2013年に進出しました。そのため、お客様の95%は日系企業。主に、製造業のエンジニアリング部門、具体的には設計開発... マネージングジャパニーズコーディネーター 玉井啓介様 製造業の業務効率化を図り、市場開拓につなげていく 製造業のサポートを目的にタイに進出  弊社はグローバルで従業員2,700人規模のIT企業です。製造、金融、人事や会計などのエンタープライズ、マーケティングのシステムを主な領域として、ソフトウエアの販売、システム開発、...

【導入インタビュー】えぞや・株式会社APR TRADING様

Teachme Bizを使って日本の味をタイで再現したい タイの事情が見えたところで導入を決意 APRは、札幌・すすきのを中心に、居酒屋や和食店、バー、クラブ・ラウンジ、イタリアン、スイーツ、ラーメン店など約30店の飲食店を展開している企業です。弊社のAPR TRADINGは、そのAPRのグループ会社。海外事業や卸事業を手掛けています。 タイに店を開いたのは2015年。現在(2019年)は、ニッカウィスキーを豊富に取り揃えた、バー「余市 NIKKA BAR & RESTAURANT」、「北海道グリル 焼肉&ジンギスカン えぞや」「北海道 寿し居酒屋 えぞや」の計3店をバンコクに展開しています。 Teachme Bizについては、昨年、... Teachme Bizを使って日本の味をタイで再現したい タイの事情が見えたところで導入を決意 APRは、札幌・すすきのを中心に、居酒屋や和食店、バー、クラブ・ラウンジ、イタリアン、スイーツ、ラーメン店など約30店の飲食店を展開している企業です。弊社のAPR TRADINGは、そのAPRのグループ会社。海外事業や...

【導入インタビュー】PBC Business Consulting Thailand Co.,Ltd.

(左)Managing Director 岡村宗一郎様 (右)General Manager 加島正也様 管理業務の見える化や顧客に配布するマニュアルとして活用 サービスとして成熟している点が決め手になった 弊社は、マイクロソフト社製ERP(Dynamics 365 Business Central 以下、D365 BC)を扱っている独立系のSIerです。タイには2015年9月に進出を果たしました。タイに進出している日系企業に、ローカライズソリューションをパッケージ化して提供し、導入支援とサポートを手掛けています。顧客はいまのところ、日系の商社が中心ですが、徐々に製造業への導入も進めています。 Teachme Bizは、2ヶ月ほど前に導入しました。... (左)Managing Director 岡村宗一郎様 (右)General Manager 加島正也様 管理業務の見える化や顧客に配布するマニュアルとして活用 サービスとして成熟している点が決め手になった 弊社は、マイクロソフト社製ERP(Dynamics 365 Business Central 以下、D365 BC...

Salesforce導入

Salesforce 活用の目的と、関わるメンバーの“役割”を明確にすることが第一 ──Salesforce 導入 〜 定着の道のり Vol.10 Sansan 株式会社様

「私自身も、“管理されている” 感覚が苦手でした」 法人、個人向けの名刺管理サービスを提供する Sansan株式会社の塩原 倫平さんは、SFA に対する最初の印象をそう語っています。 Sansan では営業組織の業務改善プロジェクトの一環として、Salesforce の導入が決定。塩原さんは設計から携わり、運用開始後には現場社員への研修を担当することになりました。そこで、Salesforce のメリットやより活用できる可能性などの “気づき” を得たそうです。 今回は開発側のリーダーとしてプロジェクトを進めた杉村 宏治さんも交え、営業・開発両方の視点からプロジェクトを成功させるためのアドバイスを聞きました。 Salesfor... 「私自身も、“管理されている” 感覚が苦手でした」 法人、個人向けの名刺管理サービスを提供する Sansan株式会社の塩原 倫平さんは、SFA に対する最初の印象をそう語っています。 Sansan では営業組織の業務改善プロジェクトの一環として、Salesforce の導入が決定。塩原さんは設計から携わり、運用...

Salesforce導入

新システムの研修で“詰め込みすぎ”は禁物。コツコツ伝え続けることが、最終的には定着への近道に── Salesforce 導入 〜 定着の道のり Vol.9 共同印刷株式会社様

「Excel の更新ばかりで営業にも出られていないみたいだけど、課長…大丈夫かな」 多くの課を抱える大規模な組織では、商談や各自の活動を把握するだけでも困難になります。 共同印刷株式会社・プロモーションメディア事業部では、2017 年の 4 月に営業改革が始まり、B2B マーケティングを強化すべく事業部内に新しい組織を立ち上げました。改革の一環として、組織的なセールス活動と効率的なマネジメントを目指して Salesforce の導入が決定。新卒入社時から営業の現場で活躍してきた女性社員たちが主体となって導入を進めました。 今回は未経験から Salesforce 管理者となった大浦 智未さん、設計やテストで協力された神香澄さん・谷本 彩さん... 「Excel の更新ばかりで営業にも出られていないみたいだけど、課長…大丈夫かな」 多くの課を抱える大規模な組織では、商談や各自の活動を把握するだけでも困難になります。 共同印刷株式会社・プロモーションメディア事業部では、2017 年の 4 月に営業改革が始まり、B2B マーケティングを強化すべく事業部内に新し...

Salesforce導入

Salesforce の全社導入は、経営者から現場まで各ポジションの推進者がコミットする “掛け算” が鍵──Salesforce 導入 〜 定着 の道のり Vol.8 株式会社サンブリッジ様(後編)

セールスフォース・ドットコム社設立当初からのパートナーである株式会社サンブリッジは、これまで 900 社・2,400プロジェクト以上の導入~定着を支援してきました。もちろん自社でも Salesforce を徹底的に運用しており、効率的な営業活動を実現しています。 前編では、現場でコンサルタントとしてクライアント企業の導入~定着を支援されている宗像さんと東島さんにお話を伺いました。後編では CEO・小野 裕之さんを交え、経営層にとっての Salesforce のメリットや、スモールスタート後に全社へ導入を拡大する際の注意点を伺いました。 「できるだけ早く成果を出すには、さまざまな企業のケーススタディを活用することが効果的。最短でゴールに導くのが、... セールスフォース・ドットコム社設立当初からのパートナーである株式会社サンブリッジは、これまで 900 社・2,400プロジェクト以上の導入~定着を支援してきました。もちろん自社でも Salesforce を徹底的に運用しており、効率的な営業活動を実現しています。 前編では、現場でコンサルタントとしてクライアント企業の...

Salesforce導入

移行に手間取るほど「何のために導入したんだ?」と疑問視される。新システム定着は時間との戦い──Salesforce 導入 〜 定着 の道のり Vol.8 株式会社サンブリッジ様(前編)

セールスフォース・ドットコム社設立当初からのパートナーである株式会社サンブリッジは、これまで 900 社・2,400 プロジェクト以上の導入~定着を支援してきました。もちろん自社でも Salesforce を徹底的に活用しており、効率的な営業活動を実現しています。2019年 7 月にはリリース直後の Teachme Biz for Salesforce の第一号パートナーとなり、定着に悩むクライアントへのサービスを更に充実させています。 まずは前編として、コンサルタントとして多くの企業をサポートしてきた宗像 千佳さんと東島 行輝さんのお二方に、現場(一つの部署や小規模組織)での導入~定着の際に注意すべきポイントを伺いました。 なお、今回は CE... セールスフォース・ドットコム社設立当初からのパートナーである株式会社サンブリッジは、これまで 900 社・2,400 プロジェクト以上の導入~定着を支援してきました。もちろん自社でも Salesforce を徹底的に活用しており、効率的な営業活動を実現しています。2019年 7 月にはリリース直後の Teachme Biz...

Salesforce導入

悩む箇所や失敗パターンはみんな同じ。コミュニティ運営で学んだ、新人管理者がやるべきこと ── Salesforce 導入 〜 定着の道のり Vol 7. 本橋 孝昭様(Salesforce Saturday 池袋・主催)

「いきなり Salesforce の導入・管理をやれと言われてしまった」──そんな悩みを抱えた方がよく訪れるのが、初心者歓迎のコミュニティ「Salesforce Saturday 池袋」。これまで 7回開催され、初心者から熟練者まで計 100 名が参加しました(2019年7月時点)。 コミュニティの主催者である本橋 孝昭さん自身も、Salesforce の運用・システム管理者専門の人材派遣会社に勤め、クライアント企業に常駐して仕事をされています。自身の経験とコミュニティメンバーの話で数十社の事例を知る本橋さんは、「DevelopersSummit 2019」でハンズオンの講師も務められました。 「会社の上司や協力会社には『わからない』って言いづ... 「いきなり Salesforce の導入・管理をやれと言われてしまった」──そんな悩みを抱えた方がよく訪れるのが、初心者歓迎のコミュニティ「Salesforce Saturday 池袋」。これまで 7回開催され、初心者から熟練者まで計 100 名が参加しました(2019年7月時点)。 コミュニティの主催者である本橋 ...

Salesforce導入

売上だけではなく、行動プロセスを可視化し評価することが Salesforce の活用定着へ繋がる (後編) ──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol.6 株式会社アイスタイル様

Salesforce を上手く使えば営業プロセスを改善できるはず、そういったマネジメント層の意図を現場に浸透させるには、操作方法の理解やデータ入力の習慣付け、自発的な活用の促進など様々な課題が付きまといます。 国内外に15以上のグループ会社を持ち、連結1,000名以上の体制で、ビューティ事業を軸に生活者を軸とするマーケットの創造するアイスタイル。同社では、複数の Salesforce を複数の事業部で運用しており、それぞれの部署が独自の工夫で導入、定着、活用を進めてきました。 今回は 2014 年にアイスタイルに入社し、子会社出向時に役員として Salesforce 導入を起案し、既存のシステムからの移行、定着までを手がけた遠田健氏と、プロパー... Salesforce を上手く使えば営業プロセスを改善できるはず、そういったマネジメント層の意図を現場に浸透させるには、操作方法の理解やデータ入力の習慣付け、自発的な活用の促進など様々な課題が付きまといます。 国内外に15以上のグループ会社を持ち、連結1,000名以上の体制で、ビューティ事業を軸に生活者を軸とするマー...

Salesforce導入

売上だけではなく、行動プロセスを可視化し評価することが Salesforce の活用定着へ繋がる (前編) ──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol.6 株式会社アイスタイル様

Salesforce を上手く使えば営業プロセスを改善できるはず、そういったマネジメント層の意図を現場に浸透させるには、操作方法の理解やデータ入力の習慣付け、自発的な活用の促進など様々な課題が付きまといます。 国内外に15以上のグループ会社を持ち、連結1,000名以上の体制で、ビューティ事業を軸に生活者を軸とするマーケットの創造するアイスタイル。同社では、複数の Salesforce を複数の事業部で運用しており、それぞれの部署が独自の工夫で導入、定着、活用を進めてきました。 今回は 2014 年にアイスタイルに入社し、子会社出向時に役員として Salesforce 導入を起案し、既存のシステムからの移行、定着までを手がけた遠田健氏と、プロパー... Salesforce を上手く使えば営業プロセスを改善できるはず、そういったマネジメント層の意図を現場に浸透させるには、操作方法の理解やデータ入力の習慣付け、自発的な活用の促進など様々な課題が付きまといます。 国内外に15以上のグループ会社を持ち、連結1,000名以上の体制で、ビューティ事業を軸に生活者を軸とするマー...

生産性向上

生産性向上とはどういう意味? 企業が実施できる7個の対策方法

企業の成長のために、生産性向上が必要不可欠であるということは誰もが感じていることではないでしょうか。一方で、生産性向上を単なるコスト削減と捉え、正しく意味を理解していない人も少なくありません。 そこでこの記事では、生産性向上という言葉が持つ意味や目的を解説し、しっかりと定義した上で、具体的に企業が行える対策などを紹介します。 目的を理解すれば何から手を付けていいかわからないということがなくなります。 ぜひ、真の生産性向上のためにお役立てください。 >>あわせて読みたい!「生産性とは?詳しい計算方法から生産性の高い企業の特徴まで分かりやすく解説!」 「生産性向上」という言葉が持つ意味 生産性向上と業務効率化という言葉は、似て... 企業の成長のために、生産性向上が必要不可欠であるということは誰もが感じていることではないでしょうか。一方で、生産性向上を単なるコスト削減と捉え、正しく意味を理解していない人も少なくありません。 そこでこの記事では、生産性向上という言葉が持つ意味や目的を解説し、しっかりと定義した上で、具体的に企業が行える対策などを紹介します。...

生産性向上

製造業の生産性向上とは?具体的な方法を紹介します

少子高齢化による働き手不足や、製造拠点の海外移転、はたまた海外メーカーの日本への進出など、製造業をめぐる社会情勢はめまぐるしく変化しています。製造業にとって「生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目と言っても過言ではありません。 利益を増大して会社存続を確実なものとするため、生産性の向上を図ってみてはいるものの、具体的な方法が分からないという方もいるのではないでしょうか。 今回は、製造業における生産性の向上とはなにか、生産性向上の具体的な方法もご紹介していきます。生産性向上に大いに役立つツールもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。 製造業における生産性向上とは? 生産性向上はどの企業でも実行することができま... 少子高齢化による働き手不足や、製造拠点の海外移転、はたまた海外メーカーの日本への進出など、製造業をめぐる社会情勢はめまぐるしく変化しています。製造業にとって「生産性の向上」は、会社の将来を左右する最重要項目と言っても過言ではありません。 利益を増大して会社存続を確実なものとするため、生産性の向上を図ってみてはいるものの、具...

Salesforce導入

ゴールを解像度高く共有し、プロセスの障壁を取り除く。管理者はメンバーの“利益”を第一に──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol.5 株式会社ブレインパッド様

<導入フェーズごとの課題とアクション> 「使い方がわからない以前に、使う必要性を感じない」──新たなシステムを導入し、移行しようとする際には常にそんな反発が付きまといます。 ビッグデータを活用して企業の経営課題を解決する株式会社ブレインパッドは、2008 年の時点で全社に Salesforce を導入しました。しかし、営業の現場ではなかなか商談管理ツールとして活用されず、使い慣れた Excel を併用した現状把握に留まっていたそうです。 2016 年末に管理部門から営業推進の現場に配属された上村 篤嗣さんは、Salesforce の知識と活用経験を期待され、SFA としての定着を推進することになりました。徹底した “相手目線” で定着... <導入フェーズごとの課題とアクション> 「使い方がわからない以前に、使う必要性を感じない」──新たなシステムを導入し、移行しようとする際には常にそんな反発が付きまといます。 ビッグデータを活用して企業の経営課題を解決する株式会社ブレインパッドは、2008 年の時点で全社に Salesforce を導入しまし...

マニュアル作成のコツ|作成方法・手順5ステップと運用ポイントをまとめました

多くの業種や職種で用意されている業務マニュアル。コロナウイルスの影響でテレワークが増加する中、遠隔でのレクチャのためにも重要性が高まっています。しかしいざ作ってみると、使う人にどうもうまく理解してもらえなかったり、実践してみると記述通りにはいかなかったり……。そんな経験のある方も少なくはないでしょう。 マニュアルは、単に業務の手順や流れを記載しただけのものでは意味がありません。その仕事の理念や意義など本質的な部分から記述することで応用も効き、それが分かりやすさにもつながります。この記事では、マニュアル作成の上でのポイントをご紹介していきます。 マニュアル作成の際の基本的なコツ 流れや手順「だけ」になってはいけないと冒頭で触れました... 多くの業種や職種で用意されている業務マニュアル。コロナウイルスの影響でテレワークが増加する中、遠隔でのレクチャのためにも重要性が高まっています。しかしいざ作ってみると、使う人にどうもうまく理解してもらえなかったり、実践してみると記述通りにはいかなかったり……。そんな経験のある方も少なくはないでしょう。 マニュアルは、単に...

Salesforce導入

ツールを用意しただけでは使われなかった。まずは組織のデザインが必要だった──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol 4. ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社様

数値目標を追うセールス職だからこそ、「自分が効率良く受注できるように」仕事を進めてしまう。しかし、個人個人のやり方で情報を管理していて活動状況が共有されない、顧客マスタや案件/受注/請求といった取引情報をExcel台帳で管理しており台帳間の転記で単純なミスが頻発してしまう── 幅広い領域でのコンサルティング業を手がけるケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社では、そんな悩みを抱えていました。 コンサルタントを経て管理部門に異動していた池田さんは、2014 年から二度にわたる Salesforce 導入〜定着プロジェクトのメイン PM(プロジェクトマネージャ) を担当されました。現在は約 120 名の従業員が Salesforce を活用... 数値目標を追うセールス職だからこそ、「自分が効率良く受注できるように」仕事を進めてしまう。しかし、個人個人のやり方で情報を管理していて活動状況が共有されない、顧客マスタや案件/受注/請求といった取引情報をExcel台帳で管理しており台帳間の転記で単純なミスが頻発してしまう── 幅広い領域でのコンサルティング業を手がけ...

Salesforce導入

500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ

2019年7月3日(水) 、Salesforceの定着化を促進するサービス Teachme Biz for salesforceリリースを記念し、Salesforceプラチナパートナー サンブリッジ様との共同セミナー「500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ」を開催いたしました。 Salesforceの経営効果から、定着のコツまでカバーする貴重な内容になりましたので、イベントレポートを公開させていただきます。 サンブリッジ様は、株式会社セールスフォース・ドットコムの日本法人立ち上げを支援し、現在は最上位のプラチナコンサルティングパートナーとして、大企業から中小企業まで様々な企業のSalesforce導入を支援さ... 2019年7月3日(水) 、Salesforceの定着化を促進するサービス Teachme Biz for salesforceリリースを記念し、Salesforceプラチナパートナー サンブリッジ様との共同セミナー「500社を支援する企業が語るSalesforce導入による経営効果と社内定着のコツ」を開催いたしました。 S...

マニュアルと手順書の違いとは?作成のポイントから運用方法を解説

業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。 マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、マニュアルと手順書を区別して作成する必要があります。 マニュアルと手順書は内容が似ていることから、違いが分からない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、マニュアルと手順書の違いについて解説します。マニュアルや手順書の作成が必要な理由やそれぞれの作成のポイントなどもご紹介しますので、参考にしてください。 マニュアルと手順書の違い マニュアルとは 手順書とは ... 業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。 マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、マニュアルと手順書を区別して作成する必要があります。 マニュアルと手順書は内容が...

Salesforce導入

「なぜ私が担当に?」状態から導入してわかった、注意すべき 3 つのポイント──Salesforce 導入〜定着の道のり Vol 3. アクシスコンサルティング株式会社様

企業が成長していく中では、顧客情報や面談情報を管理して効率的に業務を進めるための IT システムが必要になってきます。 総合人材サービス業を展開するアクシスコンサルティング株式会社は、将来的なビジョンの実現のために Salesforce が必要だと判断し、「社内に誰も詳しい人がいなかった」という状態ながら導入を決定。導入・社内定着 を担当した南 薫さんは、社外コミュニティでの学習や社内でのさまざまな取り組みによって従来のシステムからの移行を推進しました。 今回は IT 業ではなく社内にエンジニアがいない企業の導入~定着プロセスを辿りながら、Salesforce 未経験の担当者が苦労するであろう点と、これから導入を進める企業が注意しておくべきポイ... 企業が成長していく中では、顧客情報や面談情報を管理して効率的に業務を進めるための IT システムが必要になってきます。 総合人材サービス業を展開するアクシスコンサルティング株式会社は、将来的なビジョンの実現のために Salesforce が必要だと判断し、「社内に誰も詳しい人がいなかった」という状態ながら導入を決定。...

RPA導入推進におけるTeachme Biz の活用|第4回User Conferenceレポート:ニチレイロジグループ様編

今回の記事では、2019年3月15日(金)に開催されたTeachme Biz のユーザー会「Teachme Biz User Conference 2019 Spring Tokyo」について、レポートの最終回をお届けします。 >> スタディストとTeachme Bizは、新ステージへ|第4回User Conferenceレポート:スタディスト編 >> 不経済な問い合わせを減らす“マニュアル転生“のコツ|第4回User Conferenceレポート:CCI様編 カンファレンスでは、株式会社サイバー・コミュニケーションズ様(以下CCI様)と株式会社ニチレイロジグループ本社様(以下ニチレイロジグループ様)の2社にご登壇いただきました。 本レポー... 今回の記事では、2019年3月15日(金)に開催されたTeachme Biz のユーザー会「Teachme Biz User Conference 2019 Spring Tokyo」について、レポートの最終回をお届けします。 >> スタディストとTeachme Bizは、新ステージへ|第4回User Conferen...

生産性向上

生産性向上の目的と役立つツールの選び方

少子高齢化社会によって若年層が減っていき、労働人口の減少が叫ばれています。年々働き手が減っていく中で、今後は企業がどのようにして生産性を向上させていくかが課題です。近年スマートフォンが普及し、いつどこでもチーム内の意思の共有や決定などが可能となりました。さまざまなツールを駆使して、効率良く業務を進めることが重要です。 しかし、具体的にどのようなツールを利用すれば生産性向上につながるのか、分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、生産性向上の目的と役立つツールの選び方についてご紹介していきます。ツールを活用することで、無駄を省いて本来の業務に集中することも可能なので、ぜひチェックしてみてください。 生産性向上に役立つツール ... 少子高齢化社会によって若年層が減っていき、労働人口の減少が叫ばれています。年々働き手が減っていく中で、今後は企業がどのようにして生産性を向上させていくかが課題です。近年スマートフォンが普及し、いつどこでもチーム内の意思の共有や決定などが可能となりました。さまざまなツールを駆使して、効率良く業務を進めることが重要です。 しか...

Salesforce導入

自社の商流と The Model を理解した PM が正しい要件定義のカギとなるーーSalesforce 導入〜定着までの道のり Vol 2. リベロ・コンサルティング合同会社

<スライド:Salesforce 導入フェーズごとの課題とアクション> 「Salesforce を契約したものの、まったく使えていない」 今回お話を伺ったリベロ・コンサルティングの武内さんのもとにはこのような悩みを持つ企業からのコンサルティング依頼がいくつも寄せられるといいます。武内さんは過去に所属していた会社で Salesforce の管理者経験を持ち、現在では数十名~数百名規模の企業に対して Salesforce 導入を含む業務設計のコンサルティングを実施されています。 しかし Salesforce を有効に活用するためには、コンサルタントやベンダーに任せきりになるのではなく、社内での意識合わせや推進者の巻き込みが不可欠であるといいま... <スライド:Salesforce 導入フェーズごとの課題とアクション> 「Salesforce を契約したものの、まったく使えていない」 今回お話を伺ったリベロ・コンサルティングの武内さんのもとにはこのような悩みを持つ企業からのコンサルティング依頼がいくつも寄せられるといいます。武内さんは過去に所属していた会社...

Salesforce導入

「管理側でも把握しきれない。」急拡大中の組織がたどり着いたのは、"現場のリーダー"を育成すること──Salesforce 導入~定着の道のり Vol 1. freee 株式会社

<スライド:Salesforce 導入フェーズごとの課題とアクション> 「会計 freee」をはじめとするクラウドサービスを提供する freee 株式会社では、2014 年に営業組織を立ち上げると同時に「効率的なセールス活動のために」と Salesforce を導入しました。 同時期に入社したソフトウェアエンジニアの海老原さんは、株式会社セールスフォース・ドットコム出身という経歴を生かして入社直後から昨年まで Salesforce の導入〜定着をサポートされていました。現場に運用を任せた時期や営業組織が拡大していく時期では、苦労したこともあったそうです。 そこで、今回は 100 名未満から現在の 500名規模まで成長するまでの各フェーズで生じ... <スライド:Salesforce 導入フェーズごとの課題とアクション> 「会計 freee」をはじめとするクラウドサービスを提供する freee 株式会社では、2014 年に営業組織を立ち上げると同時に「効率的なセールス活動のために」と Salesforce を導入しました。 同時期に入社したソフトウェアエンジニア...