製造業で動画マニュアルを使うメリットは? 活用事例も紹介

最終更新日: 2024.07.05 公開日: 2024.07.02

製造業で動画マニュアルを使うメリットは? 活用事例も紹介

製造業の現場では、効率的な教育と高品質な作業の維持が求められます。そこで注目されているのが、従来の紙やテキストベースのマニュアルだけでは伝えきれない情報を、より直感的かつ効果的に伝える手段としての動画マニュアルです。本記事では、製造業で動画マニュアルを使用する具体的なメリットや、企業の活用事例を紹介します。


動画マニュアルの教科書

製造業に欠かせないマニュアルの役割

製造現場の各作業工程をマニュアルに落とし込むことで、新人教育を始めとしたさまざまな用途に活用できます。ここでは、製造業におけるマニュアルの役割について解説します。

業務効率化

製造業の現場へのマニュアル導入には、多くのメリットが期待できます。例えば、自分の担当する工程だけでなく、普段目にする機会の少ない現場全体の作業を視覚的に確認できることです。作業者は全体の作業を把握しながら効率的に自分の業務を進められるほか、工程ごとのつながりも考慮しながら無駄な工程を省けて、作業効率の向上を目指せます。

また、教育用マニュアルを動画で作成しておくと、新人育成においても大いに役立ちます。新人が入社した際、従来であれば教育担当者が一から手取り足取り指導する必要がありました。しかし、動画マニュアルがあれば、基本的な作業手順や注意点を自主的に学んでもらうことも可能です。これにより、新人教育の手間が大幅に軽減され、教育担当者は自分の本来の業務に集中できます。

品質の均一化

さまざまな事情で担当者が急に変更になった場合でも、マニュアルさえ整備されていれば、新人がベテランと同じように作業を遂行できるため、作業の品質が均一化され、品質のばらつきを防ぐことが可能です。

動画マニュアルには作業手順だけでなく、完了時に求められる品質の基準やチェックポイントも入れられます。動画を見ながら作業する際に、目指すべきゴールが設定されていれば、作業者は常にその基準を意識しながら作業を進められて便利です。
例えば、製品の組み立て作業において、マニュアルで工程ごとのポイントや注意点を詳細に解説することで、作業者は何をどう行うべきかを具体的に学べます。

ノウハウの共有

製造業において、ノウハウの共有は事業継続の観点で非常に重要です。動画マニュアルを活用すれば、担当者が不在だったり担当部署を離れたりしても、必要なノウハウを新たな担当者に迅速かつ正確に伝えることが可能となります。その結果、業務の継続性が保たれ、製造プロセスも滞ることなく維持されます。

ノウハウに含まれる、関係するほかの作業との兼ね合いを踏まえた手順や、各工程に関する細かなコツなどのさまざまな知識や技術は、会社の財産として残すべきです。動画マニュアルにこれらの貴重なノウハウを記録すれば、小さな手間で簡単に保存できますし、従業員の退職や配置転換があってもノウハウの散逸を防げます。また、新たなノウハウを追加したりすることも容易です。さらに、作業内容が変更になった場合でも、動画マニュアルの内容を修正すれば、口頭で伝達するよりはるかに素早く、正確に情報を共有できます。

ミスやトラブルの防止

マニュアルを確認しながら作業することで、ミスが減り労災の防止にもつながります。特に、作業手順を明確に示すことで従業員は正確な手順を踏めて、結果的にミスが少なくなります。さらに、ミスをした場合の対策についてもマニュアルに書いておけば、問題の拡大を防ぐことも可能です。
製造業におけるマニュアルづくりについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の関連記事をご覧ください。

あわせて読みたい
製造業がマニュアル・作業手順書を作成すべき理由と活用までの流れとは?

製造業のマニュアルを動画で作成するメリット

製造業の現場では、効率的な教育と作業の品質維持が求められます。そのためにマニュアルの作成は欠かせない要素ですが、従来の文字ベースのマニュアルだけでは伝えきれない情報も多く存在します。そこで、動画マニュアルの活用が注目されています。以下に、動画マニュアルを使用することで得られる具体的なメリットを紹介します。

経験に基づく微妙なニュアンスも伝達できる

動画マニュアルを使用することで、言葉では表現しづらい動きなどの微妙なニュアンスを伝えられます。例えば、ベテラン従業員の手の動きや力の入れ具合、道具の扱い方など、実際に目で見て学ぶことが重要な技能は、紙やテキストのみのマニュアルよりも動画マニュアルの方が、情報を正確かつ詳細に伝達できます。これにより、教育を受ける側の理解度が向上し、視覚的に動作を確認することが可能です。結果として、再教育の必要性が低下し、教育効率の大幅な向上が期待できます。

文字よりも多くの情報を伝えられる

動画マニュアルは、文字だけのマニュアルよりも圧倒的に多くの情報を伝えやすいツールです。これは、動画が視覚と聴覚という複数の認知特性を網羅して情報伝達を行えるからです。
例えば、文字や写真では伝えにくい微細な手の動きや、製品の質感、動作音なども、動画であれば簡単に伝えられます。動画は一度作成すれば何度でも再生可能であり、繰り返しの学習にも適しています。新人が動画マニュアルを見ながら自主的に学習することで理解が進み、教育担当者の工数削減も期待できます。

スマホ等で視聴できる場合は見てもらいやすくなる

動画マニュアルをスマホなどで視聴できるようにすると、現場から離れてパソコンがある場所に移動したり、マニュアルの保管場所に行ったりする必要がありません。所持しているスマホ等で視聴できる状態にすれば、見たいタイミングにすぐマニュアルを見ることができます。それだけでなく、作業者が自ら必要に応じて何度も閲覧できるため、結果として利便性の高い「見てもらえるマニュアル」になります。

言語の壁があっても伝わりやすい

製造現場で働くのは、日本語を母語とする人々だけに限られません。外国からの労働者を数多く受け入れている現場では、個々の作業指示や全体の教育において、言語の違いが壁として立ちはだかるケースも見られます。日本語のみで書かれたテキストマニュアルでは、外国人従業員にとって親切とはいえませんが、動画マニュアルを導入すれば、目で見て理解できるため、情報の伝達が容易になります。また、教育の際にも同様に動画マニュアルを活用すると、効率化を図ることが可能です。


製造業向けホワイトペーパー

動画マニュアルをつくるコツ

製造業の現場に役立つ動画マニュアルを作成するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下では、動画マニュアル作成のコツについて解説します。

静止画・動画・テキストの特徴を生かして融合する

静止画・動画・テキストには、それぞれに異なったメリットがあります。例えば、材料や道具の準備などは静止画で見せた方が理解しやすいことが多いでしょう。一方、実際の作業方法などは動画や音声で示した方がわかりやすい表現になることもあります。このため、「動画で説明することが有効な情報」と「静止画で説明することが有効な情報」を区別し、作業の性質を踏まえて最適な表現方法を選ぶことが重要です。

動画は動作や手順の流れを直感的に伝えることができ、視聴者が実際にどのように作業を行うかを具体的に理解するのに役立ちます。静止画は、特定の瞬間や重要なポイントを強調するのに適しており、テキストは、補足情報や注意点を伝えるために効果的で、動画や静止画では伝えきれない細かな説明を補完します。これらの要素を組み合わせることで、視覚的にも理解しやすいマニュアルを作成できます。

できる限りコンパクトにまとめる

動画マニュアルを作成する際は、用途に合わせて「数秒から1分」「1分から3分」「3分から10分」の動画を使い分けることが重要です。例えば、ある作業のコツやポイントだけを伝えたい場合は、数秒の動画で事足りることがあります。このような短い動画は、具体的な操作や技術を迅速に伝えるのに適しています。

一方で、業務の一連の流れをまとめたい場合には、3分から10分程度の長めの動画を使用し、ストーリー性を持たせる方法も効果的です。再生時間が長めの動画ではより多くの情報を組み込める分、視聴者が全体の流れを把握しやすくなります。

ただし、基本的には短くコンパクトにまとめることで、マニュアルの閲覧に対する心理的ハードルを下げ、視聴者が気軽に学習できるようにする方が有効です。伝えたい情報量から動画の適切な長さを選択し、視聴者が必要な情報を効率的に得られるよう工夫することで、教育効果を高められます。

テキストや字幕を活用して情報を補足する

動画マニュアルを作成する際には、テキストや字幕を活用して情報を補足することも重要です。
動画内にテキストを用いることで、視覚情報にバリエーションが生じて、内容の理解が容易になります。視聴者は映像と音声に加え、テキストを読むことで、一時停止したり巻き戻したりする手間が省け、効率的な学習が可能です。

また、テキストは外国人従業員にも内容を理解してもらいやすくする効果があります。英語など、外国語の字幕を追加することで、母語が異なる視聴者にも情報が伝わりやすくなります。さまざまな国籍の労働者がいる現場では、動画マニュアルは言語の壁を越えて情報を共有するための有効なツールです。

さらに、騒音が発生する現場や大きな音が鳴る工場などでも、テキストや字幕は役立ちます。音声が聞こえなくても情報が伝わるため、静かな場所へ移動するといった手間がかかりません。

製造業での動画マニュアル活用事例

ここからは、実際に製造業の現場で利用されている動画マニュアルと、その作成ツールである「Teachme Biz」の活用事例を紹介します。各社とも導入以前は、習熟度の低さに伴うミスや教育にかかる工数の増大、外国籍の従業員とのコミュニケーションの難しさなど、さまざまな課題を抱えていました。
しかし、作成する側と視聴する側の双方が使いやすい動画マニュアルツールがあれば、従来のマニュアルだけでは難しかった個別の課題も解決できます。

事故・不具合等の未然防止に活用した事例

イーグルブルグマンジャパン株式会社は、自動車やロケット、産業プラント用設備などで使用されるメカニカルシールを製造する業界大手です。品質向上を目指す中で、2022年にTeachme Bizを導入しました。同社では不具合の4割がマニュアル起因であることが判明し、運営方法の見直しが必要だと感じたためです。バラバラだったマニュアル作成ツールを統一し、フォーマットを定め、わかりやすい動画マニュアルを作成することで、品質管理を強化しました。

Teachme Bizはステップごとに手順が区切られていることに加え、フォーマットが統一されているため、誰が作成しても同じスタイルでわかりやすいマニュアルが作成できます。また、動画や画像に図形やテキストを追加して伝えたいことを強調できます。ISO 9001の認証を取得している同社では、Teachme Bizの公開時の承認ワークフロー機能を活用し、最新の品質マネジメントシステムに沿った文書管理を実現しています。

マニュアル作成は、安全や品質などのカテゴリーで分類し、優先度の高いものから着手しました。特定の従業員しかできなかった機械操作や検査を手順化し、属人化を解消。ヒヤリハットや過去のトラブルをまとめておくことで未然防止にもつなげました。品質管理のハンマー検査では、叩く強さを動画で伝えることで、テキストのみの従来のマニュアルよりも、わかりやすさが大幅に向上したとの実感を得ているといいます。

Teachme Bizの活用により短期間でクレーム50%削減|イーグルブルグマンジャパン株式会社様イーグルブルグマンジャパン株式会社様の事例

業務習得の短縮化に活用した事例

赤城乳業株式会社は、埼玉県深谷市に本社があるアイスクリーム・氷菓の製造・販売会社です。同社は従来のOffice系ソフトを用いたマニュアルが継続活用されないという課題を抱えていました。加えて、少子高齢化に伴う人手不足とベテラン社員の退職により、新規採用者のフォローアップが十分に行えず、マニュアル作成に時間をかけても効果が薄いという状況でした。この問題を解決するために、赤城乳業株式会社はTeachme Bizを導入しました。

導入の決め手は、スマホやタブレットでも使用できる手軽さと、クラウド上での一元管理による高い検索性です。動画や画像を使ったマニュアルが簡単に作成でき、生産性の向上や用途拡大が期待されました。若手従業員にも権限を委譲し、積極的にマニュアル作成を進めてもらったことで、業務の理解が深まり、スキル向上にもつながりました。

特に注目すべきは、過去の動画マニュアル作成の失敗を克服し、スマホで撮影から編集まで手軽に行えるようになった点です。「忙しい時は動画だけ撮っておき、手が空いた時にマニュアルに切り出して共有する」というやり方が、同社製造現場のニーズに合っていました。動画マニュアルを手軽に作成できるようになったことで、業務習得のスピードが向上し、以前は3か月かかっていた業務習得が1週間に短縮された部署もあるといいます。動画マニュアル導入の成果もあり、同社は現在も業務の効率化と品質向上を実現し続けています。

異動時の即戦力化や未然防止にマニュアルを活用|赤城乳業株式会社様赤城乳業株式会社様の事例

外国人スタッフの育成に活用した事例

自動車用の部品製造などを行うアイテック株式会社は、自動車産業の「CASE」時代に対応するため、サービスシフト(S)、デジタルシフト(D)、デザインシフト(D)を推進しています。その中で、技能伝承を目的にTeachme Bizを導入し、デジタルシフトの中心として活用しています。

同社では、製造現場の「固有技術」がアナログかつ属人的で、伝承も進んでいないことが課題でした。紙のマニュアルでは教える側、教育を受ける側のコミュニケーションが取れず、多くの問題が発生していました。これを「見える化」「デジタル化」「AI化」することで、技能伝承を進めたいと考えたわけです。

デジタルに抵抗がある従業員向けに、まずはTeachme Bizを試すことから始めたところ、画像や動画を使った説明が容易で、報告書作成時間の短縮や会議の廃止による生産性の向上が見られました。その結果、50代以上の従業員にもデジタル機器への抵抗感を払拭させることができたといいます。

業務マニュアルのほか、報告などにもTeachme Bizを使用することで、約3000ものマニュアルや社内報、改善サークルの活動内容がまとめられています。また、職場の多国籍化が進んで外国籍の従業員が4分の1を占めていますが、外国人実習生向けにミャンマー語対応のマニュアルを作成し、コミュニケーションの行き違いによるミスを減らしています。動画マニュアルの導入後は、これまでよりもスムーズな育成が可能となりました。

画像や動画を主体に各国語で補足できるから外国人従業員の教育にも最適|アイテック株式会社様アイテック株式会社様の事例

動画によるマニュアル作成をご検討ならTeachme Bizがおすすめ

Teachme Bizは、マニュアル作成の課題である作成、更新、共有の負担を解決するシステムとなっており、効率的かつ効果的なマニュアル管理をサポートします。

【製造業の生産性向上】Teachme Bizーマニュアル作成・共有システム

習熟度を高めるTeachme Bizの便利な機能

Teachme Bizには、研修を受ける側が使いやすく、自己学習で習熟度をアップさせるためのさまざまな工夫があります。また、動画マニュアルを作成する側の工数削減にフォーカスした便利機能も備わっています。作業が煩雑で数多くの動画を作る必要があっても、効率的に作業を進められれば必要な数のマニュアルを速やかに用意でき、稼働が滞る心配もありません。ここでは、動画マニュアル作成の際に便利な機能を紹介します。

AI機能

動画マニュアルは非常にわかりやすいですが、作成に大きな工数を費やすことになります。Teachme Bizの新機能「Teachme AI」を使用すれば、AIで作業の90%を削減することが可能です。ビデオProの機能によると、動画の取り込みから15分ほどでマニュアルが完成します。
具体的には、Teachme AIは撮影した動画を自動でシーン分割し、字幕や説明文付きのマニュアルを生成します(特許第7492092号の技術を使用)。動画内の音声を自動で書き起こし、字幕に反映することで、視覚と聴覚の両方からの情報伝達が可能です。また、登録された動画の字幕の内容をもとに、タイトルと説明文を自動生成するステップ概要生成機能も備えています。

Teachme AI について詳しく知りたい方はこちらへ
AIで、マニュアル作成をもっともっと簡単に|Teachme AI

動画切り出し機能

Teachme Bizの動画切り出し機能を使用すると、長い動画から特定の作業部分だけを切り出して、独立した短い動画を簡単に生成できます。この機能は、端的でわかりやすい区切りで動画を編集するのに非常に便利です。特定の作業手順やポイントだけを視聴者に見せたい場合に、効率的に編集が可能です。

マーキング機能

動画を一時停止して強調することで理解度を高められるマーキング機能もTeachme Bizの大きな特徴です。動画編集時にマーキング機能を使用すると、強調したい部分を任意の秒数だけ一時停止し、必要に応じて文字や図形を用いて内容の強調や補足説明ができます。これにより、視聴者が重要なポイントを見逃さず理解できるようになります。

まとめ

動画マニュアルは、言葉では表現しづらい動きや微妙なニュアンスを伝えられるため、教育効率が向上したり、文字よりも多くの情報を伝えやすくなったりする利点があります。また、現場での利便性の高さや、字幕を加えることで外国人労働者の言語の壁も乗り越えられるなど、動画ならではの効果も期待できる点が魅力です。
Teachme Bizを活用することで、製造業の現場での教育やマニュアル作成が大幅に効率化され、従業員の習熟度向上や作業品質の維持にもつながります。動画マニュアル作成にあたっては、ぜひTeachme Bizの導入を検討してみてください。

またTeachme Bizでは無料トライアルをお申し込みいただけます。「自分達でも簡単にマニュアルが作成できるのか試してみたい」「実際に使ってみて自社に合うか相談したい」という方はぜひ無料トライアルをご利用ください。

無料トライアルを利用してみる

マニュアル変革の目的は様々ですが、マニュアルツールの導入によって得られる効果は、マニュアル作成や管理の工数削減だけでなく、マニュアル整備によるコスト削減効果や、業務標準化による組織力強化など経営にも良い効果をもたらします。
マニュアルツールの導入にお悩みの際は、ぜひTeachme Bizをご検討ください。

Teachme Bizの概要資料を
ダウンロードする

この記事をSNSでシェアする

「業務効率化」を考える

関連カテゴリ

「生産性向上」の最新記事

「業務効率化」の最新記事

マニュアルで生産性革命をおこそう

マニュアルは、上手く扱えば「単なる手順書」以上に大きな効果を発揮します。
生産性の向上はもちろん、「企業を大きく変える」可能性を秘めています。

Teachme Bizは、マニュアルであなたの企業にある課題を解決し、
生産性を向上するパートナーでいたいと考えております。
「組織の生産性を向上したい」「変える事に挑戦したい」と思う方は、
わたしたちと生産性の向上に挑戦してみませんか。

マニュアル作成・共有システム
「Teachme Biz」はこちら