ブログ 直し方 一覧|「Teachme Biz」

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 直し方

TeachmeBiz

ブログ 直し方 一覧

  • 直し方

    マニュアルが増えたら、どう整理すればいい?

    マニュアルが誰でも簡単に作成できる、というのはマニュアル活用のサイクルを回すための大事なポイント!一方で、「でも、マニュアルが増えたらどうなるの?どうやって整理するの?」という疑問も生まれてきます。 今回はマニュアルの整理方法について、これまでの導入事例などから、3つのタイプを紹介したいと思います。 タイプ1:きっちり型 マニュアル作成にとりかかる前に、きっちりと業務全体像の把握とマニュアルのテーマ決めをする方法です。作成担当者や納期を決めれば、短期間に一気にマニュアル作成ができます。「本棚をきっちり作ってから、本(マニュアル)を買っていく」というイメージです。大企業が本社主導で行う場合などに多いです。 ・本部主導で進めたい ・短期集中で網羅的にマニ... マニュアルが誰でも簡単に作成できる、というのはマニュアル活用のサイクルを回すための大事なポイント!一方で、「でも、マニュアルが増えたらどうなるの?どうやって整理するの?」という疑問も生まれてきます。 今回はマニュアルの整理方法について、これまでの導入事例などから、3つのタイプを紹介したいと思います。 タイプ1:きっちり型 マ...

  • 直し方

    マニュアルは「人気投票」で更新の優先度を決める?

    どこから更新作業を行っていくか? マニュアルの数が増えてくると、更新しなければならない範囲も増えてきます。一度にすべてを更新するのは、作業負担が大きくなってしまいます。そういう場合にオススメなのは「使われているマニュアルから更新する(=使われていないマニュアルは急いで更新しない)」という考え方です。この時、使われているかどうかの判断基準のひとつとして「閲覧回数」を参考にすることが、とてもシンプルでわかりやすいです。 「レポート機能」を使って、閲覧状況・利用状況を確認 Teachme Bizには、レポート機能があります。これは、グループ内のマニュアルが、いつ何回閲覧されたか(あるいはグッジョブ!やコメントされたか)を定量的に表示する機能です。 この機能を使えば、閲覧回数の... どこから更新作業を行っていくか? マニュアルの数が増えてくると、更新しなければならない範囲も増えてきます。一度にすべてを更新するのは、作業負担が大きくなってしまいます。そういう場合にオススメなのは「使われているマニュアルから更新する(=使われていないマニュアルは急いで更新しない)」という考え方です。この時、使われているかどうかの判断基準の...

  • 直し方

    マニュアルに「賞味期限」はあるか?

    ついつい気になる「最終更新日」 手にとったマニュアルを開いてみると、「あれ?ちょっと内容が古いなあ。。。」と感じる。そして「最終更新日」を見ると、もう何年も更新されていない。。そんなガッカリを感じたことはありませんか? マニュアルは、業務の流れを伝えるもの。業務が変わればマニュアルも変わります。しかし、業務の変化に合わせてマニュアルもきっちりと更新するのは至難の業。数年間ほったらかしになってしまうのも無理はありません。古いマニュアルを見てしまうと、すべての信ぴょう性がぐっと下がってしまいます。 気がついたときに、気がついた人が直せるように かといって紙のマニュアルに「赤ペン」で修正を書く、というのも現実的ではありません。気がついたときに気がついた人がその場で修正できるこ... ついつい気になる「最終更新日」 手にとったマニュアルを開いてみると、「あれ?ちょっと内容が古いなあ。。。」と感じる。そして「最終更新日」を見ると、もう何年も更新されていない。。そんなガッカリを感じたことはありませんか? マニュアルは、業務の流れを伝えるもの。業務が変わればマニュアルも変わります。しかし、業務の変化に合わせてマニュアルもき...

  • 直し方

    マニュアルの画像加工は「やりなおし」ができないとツライ

    画像のわかりやすさが、マニュアルのキモ 例えば、社内の事務処理マニュアルを作ろうとして「書類をどこの引き出しに提出するか」を説明しなくていけない場合を想像してみてください。下のような書類棚の場合、どうやって説明しますか? 「真ん中の列、上から三段目、紫色の引き出し。」とわざわざコトバで説明するのは、説明する側にもされる側にとってもかなり不便です。下のように、写真の中にマークをつけて場所をはっきりと示し(さらに補足説明を足しておくと)とてもわかりやすくなります。比べてみれば一目瞭然です。 マニュアル作りでは、このように写真・画像の中で一部分を示したり、強調したりする場面が頻繁に起こります。例えば、システムの操作方法を示す場合も「どのメニューの、どのボタンを押して、、、」... 画像のわかりやすさが、マニュアルのキモ 例えば、社内の事務処理マニュアルを作ろうとして「書類をどこの引き出しに提出するか」を説明しなくていけない場合を想像してみてください。下のような書類棚の場合、どうやって説明しますか? 「真ん中の列、上から三段目、紫色の引き出し。」とわざわざコトバで説明するのは、説明する側にもされる側にとってもかなり...