申込受付を終了しました。

作業標準書だけでは属人かは防げない?製造現場を変える業務標準化のポイント​​​​

製造現場おいて、以下のようなシーンを見かけませんでしょうか?

・人によってやり方がバラバラな業務がある
・作業標準書はあるのに、品質が均一にならない
・特定の人が休むと業務が止まってしまう

これらの多くは、「業務の属人化」が原因で引き起こされます。

しかし、 なぜ製造現場で「作業標準書」を用意しているのにも関わらず、
このような業務の属人化が起こってしまうのでしょうか?

属人化してもしょうがない業務がある一方で、多くの製造現場において、
誰しもが同じようにおこなうべき業務があります。
もしも、決められた方法以外で業務をおこなうと、
思わぬトラブルを引き起こしてしまうのも少なくないのではないでしょうか。

本セミナーではなぜ作業標準書だけでは業務の属人化が防げないのか、
属人化解消の解決策として“マニュアルの活用”を提案いたします。

属人化がどのように発生し、なぜマニュアルがその解決策となるのかをテーマに
具体的なマニュアルの活用の仕方などを多くの企業のマニュアル活用に向き合った
プロフェッショナルが解説いたします。

このようなお悩みはございませんか?

  • 前任が退職してしまい、やり方がわからない業務がある
  • 作業標準書を用意しているのに、アウトプットにばらつきがある
  • 業務の手順が標準化されておらず、毎回わかる人に話を聞かないと業務が進まない
  • 特定の人に依存している業務があり、引継ぎに不安を感じている

登壇者紹介


株式会社スタディスト
宮川 正輝(みやがわ まさき)

大学卒業後、不動産業界にて営業及び事務に従事。
レガシーな業界のため口伝や紙を中心とした煩雑な業務が多く、マニュアルの必要性を実感。
2019年にスタディストに入社。カスタマーサクセス部・営業部での経験を経て「マニュアルが持つ可能性を多くの人に知ってほしい」という思いからマーケティング部へ従事。

開催要項

開催日時 2024年3月26日(火)
13:30~14:00 (タイ時間) / 15:30〜16:00 (日本時間)
開催方法 オンラインでのライブ配信
(視聴方法は別途メールにてご案内いたします。)
募集人数 80名
参加費 無料