申込受付を終了しました。

ストレスに対抗し仕事の効率を上げるには

〜医療現場最前線のナースが語る!〜

社員のストレス負担が大きくなると、モチベーションの低下は避けられません。
業務を処理することに追われ、創造性を発揮できるような仕事が少なくなると「こなすべき仕事を淡々と処理していく」という状況に陥りがちになってしまうのです。
その結果、ストレスが増加して仕事にやりがいを感じられなくなったり「何のために仕事をしているのか」という疑問を感じてしまい、仕事に前向きに取り組めなくなってしまうこともあります。
モチベーションが低下した社員が増えると、会社のエンゲージメントが下がり、最悪の場合離職につながることもあります。

ストレス状態が長く続くと、企業に様々な悪影響を及ぼします。
手遅れにならないうちに効果的な対策を行いたいものです。

本セミナーでは、医療現場の最前線で31年間活躍する現役ナースが医療現場で培われた経験に基づき、
・医療現場の現状・ストレス放置の代償を知る
・日常生活の中でストレスに強くなる工夫策を知る
・心の整理法を身につける
などをご紹介します。

ストレスに対抗し、仕事の効率を上げる方法とは?
労働生産性やストレスに課題がある方、是非ご参加ください。

このような方におすすめです

  • 職場環境での労働生産性に課題を感じている
  • 元気に仕事をしたいと思っている
  • 非常にたくさんの仕事をしなければならない
  • 疲れやすさを感じている

登壇者紹介

有限会社ケンゾー 代表
森山佐恵(もりやまさえ)

1962年 兵庫県生まれ。
1987年 武庫川高等看護学院を卒業後、看護師として医療に従事。
1997年 有限会社ケンゾーを設立。
講演では、生活習慣病、ストレス、自殺、老人や児童虐待、認知症など、現在人が抱える病について、持ち前の明るさと聴衆を巻き込むユーモアで分かりやすく指導。人の健康管理から、ストレス、介護保険、高齢化問題など幅広い知識を持つ。医療現場の最前線で30年間活躍する現役ナース。
臨床での指導・看護を通じて、生活習慣病への無関心さに警鐘を鳴らす。
生活習慣研究所所長として、「生活習慣病予防促進」「ビジネス社会でのメンタルヘルスケア」の指導に尽力。医療現場で培われた豊富な経験に基づく講演を20年行っている。

開催要項

開催日時 2023年8月30日(水)11:00~12:00
開催方法 Zoomによるオンラインセミナー
(視聴方法は別途メールにてご案内いたします。)
募集人数 80名
タイムスケジュール 10:50~11:00 入室  
11:00~11:55 講演
11:55~12:00 質疑応答・アンケート
参加費 無料