ベックスコーヒーショップのジェイアール東日本フードビジネスが 『Teachme Biz』導入で年間1,000時間の労働時間削減、生産性を向上 | マニュアル作成・共有ツール - 「Teachme Biz」

  1. HOME
  2. 最新情報
  3. ベックスコーヒーショップのジェイアール東日本フードビジネスが 『Teachme Biz』導入で年間1,000時間の労働時間削減、生産性を向上

TeachmeBiz

ベックスコーヒーショップのジェイアール東日本フードビジネスが 『Teachme Biz』導入で年間1,000時間の労働時間削減、生産性を向上

プレスリリース 2017.12.21

【報道発表資料】

2017年12月21日
株式会社スタディスト

ベックスコーヒーショップのジェイアール東日本フードビジネスが
『Teachme Biz』導入で 年間1,000時間 の労働時間削減、生産性を向上

〜商品の見栄えに関するクレームは前年比80%減、品質向上とコスト削減を同時に実現〜

 国内外の約1,700社が有償利用するマニュアル作成・共有プラットフォーム『Teachme Biz』(ティーチミー・ビズ)を提供する株式会社スタディスト(本社:東京都千代田区、代表取締役:鈴木悟史、以下「スタディスト」)は、JR東日本グループであるジェイアール東日本フードビジネス株式会社(本社:東京都北区田端、代表取締役:明智俊明、以下「JEFB」)が、『Teachme Biz』の導入により生産性向上を実現したことを発表します。JEFBの基幹ブランドであるベックスコーヒーショップにおける業務マニュアルやレシピなどを画像・動画ベースに切り替え、クラウド上で配信することで、新メニュー開始時に行っていた集合研修を完全に廃止、年間1,000時間の労働時間削減を実現しました。また、商品の見栄えに関するクレームも前年比で80%削減され、顧客満足度の向上も同時に実現しました。

 JEFBでは今後、同社の主要な他業態店舗にも水平展開を行い、全社的な生産性向上を目指していきます。スタディストでは、今後もより高品質、高効率な人材育成を必要とする企業へのTeachme Bizの導入を進め、働き方を変える「組織の基盤」となるべく、2018年末までに新たに飲食業界150社への導入を目指します。

jefb_user

ベックスコーヒーショップでTeachme Bizを利用するスタッフ(クリックで拡大)

■JEFBによる『Teachme Biz』導入の背景
 ベックスコーヒーショップでは、年間1,000人ほどのアルバイトスタッフを新規採用しており、現場では常に人材育成が必要です。育成のためのマニュアルは用意されていましたが、文字だらけで分厚い紙のマニュアルである上、書庫に施錠して管理していたため、すぐ手に取って確認できるような利便性には欠けていました。更新にも1~2ヶ月かかるため、口頭での伝達が増加し、指示が徹底されないこともありました。そこで、2016年10月に、スマートフォンやタブレットで簡単にマニュアルを作成、閲覧できるTeachme Bizの導入を決定、2017年12月現在、85店舗、約3,000名のスタッフが活用し、作成されたマニュアルは約500点にものぼります。

■『Teachme Biz』採用のポイント
・飲食業界における豊富な実績
 Teachme Bizは、飲食業界だけでも既に100社以上の導入実績があり、生産性向上の効果が報告されています。

・マルチデバイス、クラウド対応
 モバイル端末のみでマニュアルの作成・共有・閲覧が可能なため、業務に必要なマニュアルを、いつでもどこでも簡単に作成、閲覧できます。更新も容易なため、改善策をすぐに全店舗に通達できます。

・画像、動画の利便性
 Teachme Bizは、画像や動画メインで構成されているため、誰にでも伝わりやすいマニュアルを簡単に作成することができます。また、アプリ内で画像加工、動画編集も可能なため、従来の方法に比べ、1/5ほどの時間でマニュアル作成が可能な上、移動中など隙間時間の有効活用にもつながります。

■実際の活用方法と効果

<活用方法1:レシピや業務マニュアルの共有>
効果:研修時間を年間1,000時間削減、商品の見栄えに関するクレームも80%減少

jefb_manual1

Teachme Bizで作成したレシピ(クリックで拡大)

 新メニュー展開時の店長向け集合研修を、すべてTeachme Bizでのレシピ共有に変更しました。研修は、実際の食材を使って調理を実演、店長が持ち帰って各店舗のキャストに伝えるという流れで、時間もお金もかかる上に、伝達が重なり正しく伝わらないという課題がありました。Teachme Bizの導入で集合研修が不要になり、年間1,000時間(1店長あたり16時間)を削減、その時間をお客様と向き合う時間に充てることができるようになりました。また、レシピが正しく伝わるようになったため、提供商品の品質が向上し、商品の見栄えに関するクレームが前年比で約80%減少しました。レシピ以外にも、衛生管理等の業務マニュアルもTeachme Bizで作成、共有しています。

<活用方法2:スーパーバイザーによるインスペクション(店舗巡回)のフィードバック>
効果:スピーディーなフィードバック、店舗間での共有、スーパーバイザーの業務時間短縮

jefb_manual2

Teachme Bizで作成されたインスペクションのフィードバック(クリックで拡大)

 月に1度のインスペクションのフィードバックを、文字だけで構成されたフィードバックシートから画像メインのTeachme Bizに変更しました。紙のフィードバックシートの場合は、店長がいないときには説明をできず、日を改めて再訪してフィードバックを実施していましたが、Teachme Bizでのフィードバックなら、写真にマークをつけて伝えられるため、改善すべきところがすぐに分かり、店長への伝達が確実です。また、他の店舗のフィードバックも閲覧できるので、良い点を取り入れたり、改善要望を自店でも振り返ったり、という横展開が可能になりました。電車での移動時間中に作成できるので、スーパーバイザーの業務時間の短縮にもつながっています。

<活用方法3:店舗スタッフからの改善提案や意見の収集>
効果:アルバイトスタッフのモチベーション向上

jefb_manual3

アルバイトスタッフからの提案マニュアル

 業務改善提案にもTeachme Bizを活用し、現場の意見が本部に届く仕組みを構築しています。清掃や食器洗浄のより良いやり方をTeachme Bizで共有し、全社に提案するようにすることで、業務改善のサイクルをスピーディーに回せるようになっただけでなく、アルバイトスタッフのモチベーション向上にもつながりました。

■今後の展開
 JEFBでは今後、同社の主要な他業態(ベッカーズ、ハニーズバー、カフェ業態等)にも水平展開を行い、導入による品質向上、人材育成の効率化などのメリットを社内で広げ、全社的な生産性向上を目指していきます。スタディストでは、今後もより高品質、高効率な人材育成を必要とする企業へのTeachme Bizの導入を進め、働き方を変える「組織の基盤」となるべく、2018年末までに新たに飲食業界150社への導入を目指します。

■Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)について
 Teachme Biz( https://biz.teachme.jp/ )は、スマートフォンやタブレット、PCで簡単に業務マニュアルや手順書を作成できるマニュアル作成・共有プラットフォームです。Teachme Bizを使用することで、マニュアルの作成時間を従来比で1/5に短縮できます。また、閲覧、共有、そしてマニュアルの改定をより簡単に行うことができます。2013年9月に事業の本格展開を開始、企業や組織に欠かせない業務マニュアル、手順書作成・共有基盤として、企業の規模や業種を問わず、国内外で約1,700社(2017年11月現在)がTeachme Bizを有償利用しています。

■株式会社スタディスト 会社概要
所在地: 東京都千代田区神田神保町3-2-3 Daiwa神保町3丁目ビル3F
設立: 2010年3月19日    
資本金: 5億4,593万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 鈴木悟史
事業内容: マニュアル作成・共有プラットフォーム『Teachme Biz』の開発、販売
ウェブサイト: http://studist.jp/

■報道関係者お問い合わせ先
株式会社スタディスト 
広報:朝倉慶子  
電話:03-6206-9330  
E-mail:info@studist.jp

【PDFダウンロード】