導入事例 株式会社四万十ドラマ様|マニュアル作成・共有ツール「Teachme Biz」

  1. HOME
  2. 導入事例
  3. 株式会社四万十ドラマ様

TeachmeBiz

「誰でも見られる場」を設け業務の均質化、幅広いPRを実現する

株式会社四万十ドラマ様

業種
利用規模
用途
導入目的 スタッフの業務を均質化したい

社内の営業資料をPRに使っていきたい
課題 マニュアル整備、ホームページの更新の手間を削減したい
効果 素早くマニュアルを用意できるようになった

社外向けに資料を手軽に発信できるようになった

業務フローを統一し、サービスを均質化する

株式会社四万十ドラマ 代表取締役の畦地履正さん(左)と、観光・営業担当の石田亮平さん

代表取締役の畦地履正さん(左)と、観光・営業担当の石田亮平さん

弊社は、「四万十川に負担をかけないものつくり」を目指し、四万十川流域の人々や田畑を盛り上げ、風景を伝えていく地域観光支援事業を行っています。四万十流域で収穫された農作物や新聞紙などを利用したリサイクルオリジナル商品などの企画、販売、道の駅の運営を含めた観光事業など幅広い事業をパートさんを含めて20数名で運営しています。

Teachmeは社内業務マニュアルとして導入しました。商品管理マニュアルをTeachmeで作っておけば、誰もが作業を同じように行えます。いままでは商品に貼るラベルはスタッフそれぞれの基準で貼っていましたが、Teachmeに写真を載せておけば、「箱の側面と平行に貼る」など、スタッフ全員が同じ基準を持って作業を行うことができるようになります。

これはとても小さなことですが、業務をマニュアル化しておけば、担当者が休んでも作業が滞ることがありません。また、業務フローを統一しておけばサービスや商品を均質化でき、アルバイトやパートさんに仕事を受け渡していくこともできるようになります。


Teachmeはより幅広い人に伝えていく場になる

社内業務マニュアルとしてだけでなく、四万十ドラマ外部公開資料一式としてもTeachme Bizが活用されている

また、社内向けマニュアルで使い慣れたため、最近はPRや営業など、社外向けの情報発信の一手段としてもTeachmeを活用しています。弊社内には四万十ドラマの蓄積が詰まった営業資料がPDFなどの形式でたくさん存在しています。こうした資料を社内に止めておくと、社員が資料の存在を知らない、また改定されずに使い物にならない資料となっていきます。

Teachme導入以前にも、ホームページ上から一括してダウンロードできるようにしていたのですが、アップロードや資料を追加する際のウェブサイト改修に時間がかかってしまっていたんです。

TeachmeはPDFを一括してTeachmeにインポートする機能も持っているため、よく使われる営業資料を中心にアップロードしています。こうして作成した営業資料はプレゼン時にスライド表示ですぐに利用できるほか、ホームページにTeachmeの誘導バナーを設けることで、弊社に興味を持ったかたへ、弊社が手がける幅広い事業をより詳しく、深く知っていただくことにも活用できます。

Teachmeは作成も閲覧も数度の利用ですぐに慣れることができます。「慣れている」方法のひとつにすぐ加えることができるんです。今後も積極的にTeachmeを活用していくことで、社内外問わず新たな情報発信、ノウハウ集約の場としてTeachmeが認識されていき、最小限の手間と時間で、的確に情報や商品を伝えていくことができるようになると考えています。

(山川譲)


CORPORATE PROFILE 
会社名 株式会社四万十ドラマ
URL http://shimanto-drama.jp/
所在地 高知県高岡郡四万十町十和川口62-9
事業内容 物品販売/商品開発/道の駅運営/観光交流/ノウハウ移転