マニュアル作成事例 株式会社ウインズジャパン様

本物の博多の味を世界へ。正しいレシピ共有により味の均一化が実現。

株式会社ウインズジャパン様 株式会社ウインズジャパン様導入事例

一般飲食店1,000名以上

導入目的

国内外50店舗に正しい調理手順を浸透させ、味とサービスを均一化したい

課題

店舗独自の調理手順やオペレーションにより味とサービスが安定していない

効果

正しい調理手順やオペレーションを全店舗に浸透。
味とサービスが均一化。

―――貴社の事業内容をお聞かせください。
株式会社ウェインズジャパンは、博多豚骨ラーメン専門店「博多一幸舎」や、博多つけ麺「博多元助」を経営しています。博多一幸舎は、2004年に大将の吉村幸助が福岡に第一号店を開業しました。日本国内では、福岡・京都・大阪・東京の4都市で14店舗、国外ではアジア・アメリカなどを中心に合計36店舗を展開しています。従業員数は、海外を含めると1,300人におよびます。

―――Teachme Biz導入の背景を教えてください。
飲食業には、レシピがつきものです。しかし、弊社の場合は職人技や手作りにこだわる側面が強く、味の統一が難航していました。そうした課題感を抱えている時に、勉強会でTeachme Bizの存在を知ったことがきっかけとなり導入をしました。

デジタルに不慣れなスタッフでも簡単にマニュアル作成ができた

―――導入の決め手は何でしたか?
簡易な操作性です。Teachme Bizは、デジタル製品に慣れ親しんでいないスタッフでも、簡単に情報を確認して、マニュアルを作成できます。弊社のような飲食業は、お客様ありきの商売なため、バックオフィス業務よりも実際の調理や接客の方が圧倒的に1日の割合を占めています。そのため、デジタル製品に慣れ親しんでいないスタッフに対して、専用の教育を施す時間を設けるのは難しいという背景があり、なるべく簡単に使いこなせるツールが必要でした。

ushijima_2

株式会社ウインズジャパン 人財広報部 課長 牛嶋健作様

―――導入前と導入後でどのように変わりましたか?
社内と店舗間の情報共有の方法が大きく変わりました。導入前は、本社で情報を集約して、紙ベースで出力できるようなフォーマットにして、店舗向けにFAXで配布していました。こうした紙ベースのマニュアルから、Teachme Bizに切り替えたことで、紙で出力する工程を省くことができ、迅速に全店舗に情報を共有できる仕組みを作れました。

さらに、店舗におけるオペレーションも改善されました。導入前は、レシピなどの情報共有は口頭で行われることが多く、人によって提供するサービスが異なったり、店舗ごとに味が異なったりすることが起きていました。Teachme Bizを導入したことで、味の違いが調味料や具材を入れるタイミングの違いによって生じていることが明らかになり、正しいレシピを各店舗に浸透させることなりました。現在では、どこの店舗でも同じ美味しさを感じることができます。

―――具体的にどのようなマニュアルを作っていますか?
画像と文字で構成されたものと、動画のものと、両方のマニュアルを作っています。主な用途としては、国内14店舗で使っている料理のレシピと、基本的な接客のマニュアルです。新人スタッフの研修にも活用しており、オリエンテーションで伝えるハウスルールなどのマニュアルはTeachme Bizに落とし込んでいます。

マニュアル自体の作成手順についても、やり方を工夫しています。週に一度マニュアルのための会議を設け、必要なマニュアルの洗い出しと作成期限を決めています。定期的に実施しているため、各業務のマニュアル作成が安定的に進んでいます。

ikkosha_manual

博多一幸舎でのマニュアル。店舗ごとに作成されている。

マニュアル作成が「楽しいもの」になった

―――デジタル製品が苦手なスタッフにTeachme Bizはなぜ浸透したのでしょうか?
Teachme Bizは、パソコンだけでなく、iPadやiPhoneからでもマニュアル作成ができます。現場のスタッフは、パソコンよりもiPadやiPhoneの方が慣れ親しんでいるので、自分たちが慣れている機種でも気軽にマニュアル作成できる点が魅力だったのではないでしょうか。

他にも、マニュアルの画像には、コメントの挿入や矢印などのデザインが簡単にできるため、マニュアル作成者は楽しみながら作っています。通常であれば、作業になってしまうようなことを、”楽しみながらできる”ことも大きな特徴でしょう。

―――他に効果はありましたか?
Teachme Bizを導入してから、全社でマニュアル作りに力を入れる、という雰囲気ができました。従来は、マニュアル作りに対する熱意がスタッフによってまちまちだったのですが、導入後はその熱意が統一できました。

―――今後の活用計画を教えてください。
現在、博多一幸舎は海外に36店舗あります。海外進出には「日本と同じ質の料理・サービスを提供する」というコンセプトを掲げており、海外のスタッフでも日本と同じような質の料理が作れて、接客サービスも同等のレベルにする、というのが私たちの目指す形です。これからも、Teachme Bizを活用して、本物の博多の味を世界中のスタッフに落とし込み、世界中の人に「本物の博多ラーメン」を食べてほしいと考えています。


無料体験会に参加してみる

CORPORATE PROFILE 
会社名 株式会社ウインズジャパン
URL https://www.ikkousha.com/
所在地 福岡県福岡市博多区博多駅東2-13-25
事業内容 飲食店業・サービス業(博多豚骨ラーメン専門店「博多一幸舎」経営、博多つけ麺「博多元助」経営)