ブログ マニュアル活用方法 一覧

  • 外国人労働者の受け入れ拡大とは?起こり得る影響やメリット・デメリット

    昨今の日本では効率性や生産性を上げるため、しきりに働き方改革が叫ばれています。働き方改革の取り組みの1つに、企業におけるダイバーシティの推進があり、どの企業も外国人労働者の受け入れには寛容になる必要があります。 しかし、なぜ外国人労働者の受け入れ拡大を行うのか、企業にどのような影響があるのか分からないという方もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、外国人労働者の受け入れ拡大とは何か、そして起こりうるメリットやデメリットについてご紹介します。受け入れにあたって企業側の対応方法が分かりスムーズな対応ができますので、ぜひチェックしてみてください。 外国人労働者の受け入れ拡大とはなにか? 外国人労働者の受け入れ拡大とは、新たに設定された「... 昨今の日本では効率性や生産性を上げるため、しきりに働き方改革が叫ばれています。働き方改革の取り組みの1つに、企業におけるダイバーシティの推進があり、どの企業も外国人労働者の受け入れには寛容になる必要があります。 しかし、なぜ外国人労働者の受け入れ拡大を行うのか、企業にどのような影響があるのか分からないという方もいるのではない...

  • マニュアルが引き継ぎに効果的な理由と引き継ぎ書の作成方法をご紹介

    会社に勤めていると、退職の時や異動の時に後任者へ業務の引き継ぎをする場合があります。中には、今まさにそのような状況の従業員がいるけれど、どのように引き継ぎをさせればよいのか分からない、という経営者や管理職の方もいるのではないでしょうか。 引き継ぎを行う際、マニュアルを作成しておくことはとても有効的です。この記事では、マニュアルが引き継ぎに効果的な理由と引き継ぎ書の作成方法をご紹介します。 引き継ぎのタイミングとポイント 仕事を引き継いだ後任者は、残された資料などを頼りに仕事を覚えていかなければなりません。スムーズに業務をこなすためにも、担当している業務の目的や作業の要点、注意点、資料の保管場所等を細かく伝えることはとても重要です。 ... 会社に勤めていると、退職の時や異動の時に後任者へ業務の引き継ぎをする場合があります。中には、今まさにそのような状況の従業員がいるけれど、どのように引き継ぎをさせればよいのか分からない、という経営者や管理職の方もいるのではないでしょうか。 引き継ぎを行う際、マニュアルを作成しておくことはとても有効的です。この記事では、マニュア...

  • 属人化の特長やリスクとは?業務を標準化して解消しよう

    一部の社員だけが業務を担当することが恒常化している職場では、担当者が不在のときにクライアントから質問を受けて困ってしまったり仕事が止まってしまったりという経験をした方もいるのではないでしょうか。このような状態を「属人化」と呼びます。 本来であれば、誰でも同じように業務に取り組めて一定のアウトプットを出せるのが理想です。そこでこの記事では、仕事が属人化してしまう原因やリスクについてご紹介します。属人化を解消するヒントを得られますので、ぜひ参考にしてみてください。 特定の社員に依存した業務が多く、生産効率や品質のバラつきがある。 その結果、会社の業績も不安定・・・。 Teachme Bizなら、そのお悩みを解決するお手伝いができます。 業務の属... 一部の社員だけが業務を担当することが恒常化している職場では、担当者が不在のときにクライアントから質問を受けて困ってしまったり仕事が止まってしまったりという経験をした方もいるのではないでしょうか。このような状態を「属人化」と呼びます。 本来であれば、誰でも同じように業務に取り組めて一定のアウトプットを出せるのが理想です。そこ...

  • マニュアルと手順書に違いはある?分かりやすいマニュアル・手順書を作成するポイントも紹介!

    業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。 マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、マニュアルと手順書を区別して作成する必要があります。 マニュアルと手順書は内容が似ていることから、違いが分からない方も多いのではないでしょうか。そこで当ページでは、マニュアルと手順書の違いについて解説します。マニュアルや手順書の作成が必要な理由やそれぞれの作成のポイントなどもご紹介しますので、参考にしてください。 マニュアルと手順書の違い マニュアルとは 手順書とは ... 業務を円滑に進めるうえで重要なのがマニュアルです。 マニュアルを導入することで、誰でもスムーズに作業を進められることはもちろん、業務効率化や生産性の向上にもつながります。一方、マニュアルと似て非なるものが手順書です。実際の業務にあたっては、マニュアルと手順書を区別して作成する必要があります。 マニュアルと手順書は内容が...

  • マニュアル作成の目的と必要性とは?上手に活用するためのポイント

    職場などでマニュアルを作成する場合、その目的や必要性、マニュアル活用のメリットを確認しておくことは重要です。事前に社内における位置付けを明確にすることで、実際に役立つマニュアルになるかどうかが分かれます。 そこで、マニュアルの目的や必要性、さらに上手に活用するためのポイントなどについてご紹介します。 そもそもマニュアルとは マニュアルは「手順書」 マニュアルとは具体的にどんな手順で何をするのかが記載された説明書のようなものです。マニュアルにも種類がありますが、主に使われるものとしては「業務マニュアル」があります。 業務マニュアルは業務の全体像や仕事に対する考え方、作業フローなどが記されています。たとえば、「〇〇の製品を扱う際の注意点」や... 職場などでマニュアルを作成する場合、その目的や必要性、マニュアル活用のメリットを確認しておくことは重要です。事前に社内における位置付けを明確にすることで、実際に役立つマニュアルになるかどうかが分かれます。 そこで、マニュアルの目的や必要性、さらに上手に活用するためのポイントなどについてご紹介します。 そもそもマニュアルとは...

  • カスタマーサポートにTeachme Bizを活用する(トリセツ簡単作成キット)

    簡単マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」は作成したマニュアルを社内で共有(公開)できるだけでなく、「トリセツ簡単作成キット」を利用することで、「取扱説明書」や「サービスマニュアル」として社外に公開することが出来ます。 サービスのアップデートや機能追加のたびに必要な「取扱説明書」や「サービスマニュアル」の更新作業。写真をとって、文字を起こして、ウェブサイトに掲載して・・・と、ユーザーの方たちにしっかり理解いただけるものを作ろうとするとなかなか手間のかかる作業となり、多くの企業様にとってコストとなっている部分でもあります。 Teachme Bizは誰でも簡単にマニュアルを作成・公開できるので、自社の製品やサービスの「使い方」「操作方法... 簡単マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」は作成したマニュアルを社内で共有(公開)できるだけでなく、「トリセツ簡単作成キット」を利用することで、「取扱説明書」や「サービスマニュアル」として社外に公開することが出来ます。 サービスのアップデートや機能追加のたびに必要な「取扱説明書」や「サービスマニュアル」の...

  • マニュアルは「採用難」と「就職難」を同時に解決する(後編)

    前編では、採用活動でのアンマッチに直面した経緯を書きました。採用活動に費用をかけるのではなく、まずは自社内のしくみを整えることで結果的に採用しやすい状況が作れるのではないかと考え、「社内業務の徹底的なマニュアル化」×「ハローワークでの求人掲載」を行うことにしました。 1.社内の業務を徹底的にマニュアル化する もともと社内業務の多くはマニュアル化していました。名刺の発注、経費の精算、、といった細々したルーチンワークもマニュアルになっており、いつでも誰でも迷わない状況になっていました。 今回は、そこをさらに進めて個人が行っていた細かい作業もマニュアル化しました。例えば、Teachme Bizの運営状況のデータ整理のような作業です。 Google Ana... 前編では、採用活動でのアンマッチに直面した経緯を書きました。採用活動に費用をかけるのではなく、まずは自社内のしくみを整えることで結果的に採用しやすい状況が作れるのではないかと考え、「社内業務の徹底的なマニュアル化」×「ハローワークでの求人掲載」を行うことにしました。 1.社内の業務を徹底的にマニュアル化する もともと社内業務の...

  • マニュアルは「採用難」と「就職難」を同時に解決する(前編)

    なぜ「採用難」と「就職難」が同時に起こるのか? 採用難、人手不足といったニュースをよく目にするようになってきました。一方で、就職難、仕事不足という問題も慢性的に生じています。まったく正反対のようにも見える「採用難」と「就職難」は、なぜ同時に起きるのでしょうか? それは「雇用と人材のアンマッチ」という一言に尽きます。少子高齢化、東京への一極集中、職種による求職ニーズの違い、といった背景が複雑に絡まり合うことで、企業側が求める人材と求職者側が働きたいと思える職業が、うまくマッチしない場面が顕在化するようになってきました。(参考記事) 人手=リソースの確保は喫緊の課題 ITベンチャーである当社も、やはりいろいろな場面で人手=リソース不足に直面して... なぜ「採用難」と「就職難」が同時に起こるのか? 採用難、人手不足といったニュースをよく目にするようになってきました。一方で、就職難、仕事不足という問題も慢性的に生じています。まったく正反対のようにも見える「採用難」と「就職難」は、なぜ同時に起きるのでしょうか? それは「雇用と人材のアンマッチ」という一言に尽きます。少子高齢...

  • 「社員数」に頼らない経営を実現するには

    「社員数」は何を意味するもの 企業の事業規模を見る上で社員数は、非常にわかりやすい指標です。「10人の会社」と「100人の会社」では、後者の方が10倍大きなビジネスを行っているように見えます。 しかし、「業績のよい10人の会社」と「業績のよくない100人の会社」はどちらがよいと言えるでしょうか?事業の成否を「社員数」だけで単純に測ることはできません。 「社員数」に頼らないしくみづくり 当社は、できるだけ少ない人数で大きな成果をあげる=経営効率を徹底的に高めることを意識した、社内のしくみづくりを行っています。(下記のような事例も参考にしています。) 経営効率を高めるための手段のひとつが「社内業務マニュアル化の徹底」です。(実はTeachme... 「社員数」は何を意味するもの 企業の事業規模を見る上で社員数は、非常にわかりやすい指標です。「10人の会社」と「100人の会社」では、後者の方が10倍大きなビジネスを行っているように見えます。 しかし、「業績のよい10人の会社」と「業績のよくない100人の会社」はどちらがよいと言えるでしょうか?事業の成否を「社員数」だけで...

  • 人手不足は、採用だけで解決しない

    高まる「人手不足」のリスク 最近「人手不足」のニュースを目にすることが増えてきました。震災復興やオリンピックで需要が高まる「建設業」や、深夜のアルバイトスタッフが集まらず営業に支障が出ている「飲食業」など、話題にのぼる業界もさまざまです。 「人手不足」という社会的課題に対し、どのように立ち向かっていくべきでしょうか。 人手不足の背景 そもそも「人手不足」はなぜ起きているのでしょうか?ここでは、人口×地域×職種の3つの切り口でデータを読み解いてみましょう。 1.人口減少と高齢化 日本は人口減少に転じており高齢化率は高まる一方です。2060年時点では、人口8,674万人(2010年比4,132万人減(32.3%減))、高齢化率39.9%(2010年... 高まる「人手不足」のリスク 最近「人手不足」のニュースを目にすることが増えてきました。震災復興やオリンピックで需要が高まる「建設業」や、深夜のアルバイトスタッフが集まらず営業に支障が出ている「飲食業」など、話題にのぼる業界もさまざまです。 「人手不足」という社会的課題に対し、どのように立ち向かっていくべきでしょうか。 人...