マニュアル作成事例 医療業 東京慈恵会医科大学様

医療現場に存在する大量のマニュアルをTeachme Bizでクラウド化

東京慈恵会医科大学様 東京慈恵会医科大学様導入事例

一般病院3,000名以上

導入目的

医療現場における情報共有の円滑化

課題

大規模なスマートフォン導入により
院内からの問い合わせが膨大になる可能性があった

効果

院内FAQを最小限の時間で用意、スムーズに問い合わせ対応もできた

病院内のマニュアルを電子化。情報共有をスムーズに。

東京慈恵会医科大学では、数年前より医療現場でのICTプロジェクトを進めています。2016年1月には、3,200台のスマートフォンを導入し、医師、看護師、管理課に配布しました。スマートフォンに様々なアプリケーションを導入し始めているのですが、アプリケーションを新しく導入すると、使い方を教えられる環境を整えることも求められ、画像でわかりやすくアプリケーションの使い方等を展開できるTeachme Bizの導入を決めました。ツールの使い方だけでなく、既に存在していた院内のマニュアルも順次電子化して、情報共有の円滑化を進めています。

導入の第一段階では「MDM(モバイルデバイスマネジメントツール)の操作方法」等、管理側での業務、操作フローの共有や、「OSのアップデートの仕方」「アプリのサインインの仕方」といった、スマートフォンを利用したことがないメンバーを対象とした初歩的な使い方のマニュアルを作成・展開をしました。

第二段階として、院内に共通して存在するマニュアルの電子化を行いました。「抗菌薬使用ガイドライン」「セーフティマネジメントマニュアル」など、携帯が義務付けられているマニュアルをTeachme Bizに登録し、個々人で分厚い紙の冊子を携帯しなくても良いようにしています。

第三段階では、医療機器の操作方法など、各部で独自に必要とされるマニュアルを作成していく予定です。本院麻酔部、看護部、感染制御部、臨床工学部の4部、及び各拠点の管理部で、現場での業務マニュアルをTeachme Biz化し、運用状況を見ながら順次利用範囲を拡大したいと考えています。


無料体験会に参加してみる

CORPORATE PROFILE 
会社名 東京慈恵会医科大学
URL http://www.jikei.ac.jp/
所在地 東京都港区西新橋3−25−8
事業内容 医療